石の神は、自然の豊穣の祈りなのです

チャン

2014/10/ 3


あきゅ農園の田畑の横道を歩き、
傍に咲くコスモス(秋桜)を愛で、秋を体いっぱいに感じていたら
頭上から落ちてくる栗が頭にささった チャンこと桑名です。



七十二候では、“ みずはじめて かる ”


岩国 南河内のそこかしこに色づいた稲穂が頭を垂れて
水田に張られていた水を落とし、刈り入れている景色がみられます。

なんともいい季節となりました。

01_yuuhinotahata.JPG

こうして五穀豊穣な秋を迎えられるのも
集落にある神様のお陰様でもあるのです。


道祖神にはじまる石神信仰はあきゅ農園の集落でも大変深く
私たちの田畑を見守るように、集落の一角に伝説として語り継がれている

『陰陽子寶神』

が祀られています。


02_inyou_before.JPG



遡ること200年前、あきゅ農園のある南河内の村人が
清流錦川を眺めていると、遠くの方でキラキラとした光りを発見したといいます。
川からあげてみると、男性と女性のシンボルの形をした立派な石でした。
その石が陰陽石として集落の一角に祀られ、
今日まで「子宝の神様」として地元の方たちに厚く信仰されてきています。
まさに人間の豊穣の神様なんですね。


あきゅ農園もさらなる活動をすべく、拡張して手にした土地に
な、な、な、なんとこちらの神様が鎮座する土地がくっついてきました。(びっくり)


こうした自然信仰や石神信仰は、
私たちの祖先が自然の営みの中に産み出した知恵であり、このご利益を後世に残さなければならない!

ということで、農園スタッフで綺麗にしようと数日に渡り大奮闘いたしました。


まずは、石積みから

03_inyou_sagyou1.JPG


ユンボを手足のように操れる 農園スタッフ 正直(まさなお)さんを親方にして
長い歴史のなかで劣化した石積みを解体するところから。
ユンボがなかった時代に石を積んだ方には頭が下がります。


そして、形の合う石を見つけ直し、
ときには石屋のように石をハンマーで叩き
ジグソーパズルを組み立てるように石積みをしていくのでした(正直さんが)

04_inyou_sagyou2.JPG

ご神体のような立派な木の周りもスッキリさせながら
『陰陽子寶神』の石碑も見えやすい場所に設置し直し
崩れないようにコンクリートを挟み込んでようやく半分。
自然すぎたままの神様の外見もなかなか
ハンサム&美人になっていきます。

05_inyou_sagyou3.JPG

そして、残り左半分も粛々と作業を有り難く続け完成させたのですが
あらためて気づいたのです。

注連縄(しめなわ)が美しくない、、、、


稲刈りで刈りとられたばかりの藁で注連縄を編もうとチャレンジ!
正確には、注連縄を綯う(なう)と言うようです。

綯い方にも、左綯え(ひだりなえ)と右綯えの2通りあるのですが
多くは左綯えということでそれに従って綯いました。

左綯え(ひだりなえ)は、天上にある太陽の巡行で、火(男性)を表し、
右綯えは反時計廻りで、太陽の巡行に逆行し、水(女性)を表しているそう。
祀る神様により男性・女性がいて、綯う方向を使い分ける場合があるそうです。


そう考えると陰陽石を祀る『陰陽子寶神』は、どちらに綯うのか迷うところです(笑)

07_shimenawa.jpg

なんとか手ほどきをうけながら、何度もやり直しをしながら注連縄を完成をさせましたが
この綯う時間が楽しくもあり、神を思う本当に大切な時間なんだと改めて感じました。
こんな伝統的な作業も絶やしてはいけない日本の文化なんだと思います。


08_inyou_after.JPG

最後にこの注連縄を『陰陽子寶神』の前に張り
この地に伝わる「子孫繁栄」、「五穀豊穣」を祈り
あきゅ農園の新たな取組みのスタートを切りました。

農園施設にも
女性のための自然療法スパ  ゆるむ  - youroom -
も10月1日オープン。

この自然の営みに触れる時間を過ごしに
岩国 南河内に訪れる人が増えるといいなと思う秋を迎えています。


また、里のお便りをお送りしますね。

チャン拝


*********************************************
南沢典子プロデュース すはだの学校 開校!
9/1(月)より申込み受付スタート!
http://suhada.akyrise.jp/
********************************************* 





この記事の投稿者

チャン

mima

あきゅ農園 ディレクター /あきゅこだわりの「優すくらぶ」ファン /都会生活から、ふるさと生活へのライフスタイル大転換中! 時間の流れや空気の違いを感じ、スマホで写真をとりながらの散歩が目下の楽しみ。特別に淹れるスペシャルティコーヒーをこよなく愛す。時々学校で「しつもん先生」やっています。

あきゅ農園 ふるさと便り最新記事

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。