オリジナル『お風呂セット』であきゅの美養品生活楽しんでま〜す♪

江戸家まねき猫
江戸家まねき猫

2017/04/20

こんにちは、あきゅらいずを使い始めてから、シンプルライフを目指している江戸家まねき猫です!(笑)


最近の仕事としては、なんと!BS『笑点・特大号』の演芸コーナーの収録に行って参りました。
近頃のテレビはカメラの性能も上がって、毛穴まで写しますからね……、いつもの舞台化粧だと粉っぽいかなと思いまして、テレビ局のメイクさんにファンデーションだけお願いしました。

舞台の横でテレビモニターを見ていた林家木久蔵くんが
「おねえさん、画面いっぱいに顔がアップになっていましたよ」
と教えてくれました。大画面のテレビで見たらすごい迫力だと思います。
放送日はまだ先のようですが、どうぞお楽しみに♪(笑)


芸歴28年にしてやっと『笑点』に呼んで頂けたのがとても嬉しかったので、楽屋で座布団を重ねて「一人笑点ゴッコ」で記念写真!

2-1neco.jpg


そして、こちらの写真は毎週金曜日の夜8時から放送されている、FMさがみ『江戸家まねき猫のおねえさんといっしょ』スタジオのマイクの前での1枚です。ゲストで出演した春風亭柳朝さんが撮ってくれました。


眉毛を書いてアイシャドウを軽く入れていますが、それだけなんですよ!
ファンデーションは塗っていません。素肌もけっこうイケてますでしょ?
自画自賛で失礼します(笑)

2-2neco.jpg

私は、寄席や舞台の仕事の時にはしっかり化粧をしますが、それ以外はなるべく化粧をしたくありません。
なぜならそれは、化粧を落とすワンステップが面倒くさいから……

あああ、白状しちゃいました、怠惰な自分をさらけ出してしまった。
そんな私でも続けられるあきゅらいずの美養品は、本当に偉大だと思います。

実はですね、もうひとつ白状しちゃうと、私、顔を洗うのが下手なんです。
洗面所で洗うと、もう大変! 周りに水をはね散らかして、床とか鏡がビチョビチョに……
だから、お風呂の中でのびのびと使えるシンプル3ステップが大好きなんです。


ただ、しばらく使ってちょっと気になる事が出てきました。
それは「泡石(ほうせき)」の管理。
浴室の換気は心がけているのですが、洗面所に置いてある「泡石」と比べると、どうしてもやわらかくなりがちで、それが良さでもあるんでしょうが、必要以上に使い過ぎてしまうのがもったいない気がしてきました。

 

それと、使用後にキャップをきちんと閉めておかないと、シャワーのはねた水滴が、「優(ゆう)すくらぶ」のキャップの溝には入り込んでしまっていること……
これは、品質管理上あまり良くないそうですが、私はキャップの溝の隙間にたまっていた水に気付かずに、洗顔した後、「優すくらぶ」を手元に持ってくると、ちょうど腿の上に冷たい水が滴るのがイヤで…(笑)


こんなことは、使い終わった美養品たちの水気をちゃんと切って浴室から出せばいいだけの話なんですが、面倒くさがりの私が、そのひと手間をどう楽しむかが大きな問題です。

いろいろ考えた末に、形から入るのが大好きな私は、あきゅらいず『お風呂セットを』つくることにしました!

2-3neco.jpg

2-4neco.jpg

市販の木製の手桶に、小さなフックを付けまして、「泡もこネット」を下げられるように工夫しました。

これなら自宅でも温泉にいるような気分になれるし、必要な物を忘れることなく浴室に運べて、使用後は早く乾燥させられます。
この大きさなら、近所の銭湯に持っていくのもいいかも!
お風呂で血行を良くして健康増進!

あ~〜♪ あきゃらいずの美養品生活、楽しいわ~


江戸家まねき猫

この記事の投稿者

江戸家まねき猫

1967年東京生まれ。100年以上続く動物ものまね芸、江戸家一族の唯一の女性芸人として、都内の各寄席に出演している。 女優としてテレビや舞台などにも数多く出演。現在はFMさがみ毎週金曜日20時から「江戸家まねき猫のおねえさんといっしょ!」のパーソナリティーをつとめている。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。