テカりには「あクレ」!! 旅の必需品「あきゅらいず」とこれからも一緒に!!

江戸家まねき猫
江戸家まねき猫

2017/07/ 6

今年の1月にあきゅらいずを使い始めてから半年が経ち、苦手な寒い冬から、大好きな夏に季節が変わりました。
春のお彼岸を過ぎた頃から、気分はウキウキでしたが、梅雨に入ってから私の肌に異変が起きたのです。

仕事用の化粧品を変えたわけでもなく、基礎化粧品はあきゅらいずしか使っていないのに、顔がやけにテカることが多くなったのです。
今までは決まった基礎化粧品を使っていなかったので、皮脂が気になると、オイリー肌向けに変えてその場しのぎをして、一本使い切らないうちにまた季節が変わる……、みたいな生活をしていた私。
あきゅらいずは、年齢、性別、季節を問わず3ステップ!というシンプルケアなはずなのに??? 

さっそくあきゅらいずの南沢さんとスタッフさんに「最近テカりが気になって、、、、」と相談させていただきました。
すると、SNSでつながっている南沢さんからすぐに

「ねこさん、甘いものを食べすぎていませんか?」
 
というアドバイスが返ってきました。
確かに……
6月に自分の勉強会をひかえていたので、そのひと月ほど前からいつもより甘味を多く食べていました。
s_neko3-1.jpg
こういうのとか
s_neko3-2.jpg
こういうのとか
s_neko3-3.jpg
こういうのを、SNSに載せていたのをチェックしてくださってたんですね(笑)。

南沢さん曰く、糖分を摂り過ぎると、皮脂のバランスが崩れやすくなるのだそうです。
そういうえばニキビ(と呼びたい吹き出物)ができてしまうほど、お菓子を食べ過ぎていました。
ニキビに関してはあきゅらいずを使うようになってから、ほとんど出なくなっていたし、できても以前よりひどくならなくなっていたので、それほど気にしていなかったのですが、食生活は重要ですね。

これがその勉強会の時の写真です。
s_neko3-4.jpg
深く反省をしていたら、今度はお世話になっているスタッフさんから、

「ねこさん、『あきゅ式クレンジング(通称:あクレ)』は使っていますか? 
SNSでお顔を拝見したところ、角質が残っているような。。。。それが『秀(しゅう)くりーむ』の浸透をさまたげているかもしれません」
 
とのメッセージを頂きました。やはりプロは見るところが違いますね。
そういえば、2ヶ月くらい「あクレ」を使っていませんでした。
実は、前回の記事を書いた頃、あきゅらいずの社員食堂「森の食堂」を訪ねて美味しいランチを食べた後に、「泡石(ほうせき)」の泡立てが苦手な私は、泡立て方をレクチャーして頂いたのでした。
s_neko3-5.jpg
きちんと泡立てた「泡石」をのばしたら、泡の手袋をしているように密着しました。
コツをつかんで上手になったのが嬉しくて、毎日家で泡立てに夢中になって、「あクレ」を使うのを忘れていたのです。

アドバイスはすぐに実行!
洗顔の後に「泡石」をつけた「あクレ」でそーっと丁寧に顔を拭って洗い流した後に、「優(ゆう)すくらぶ」からの〜〜「秀くりーむ」。

な、な、な、なんとその日から、顔のテカりは気にならなくなりました。
角質恐るべし……ちゃんと洗わないとダメなんですね。

駄菓子のオマケで遊んだサービスショット 
s_neko3-6.jpg
付けなくても変わらないという…(笑)
s_neko3-7.jpg
3回に渡り、アンバサダーとして記事を書かせていただきまして、何をお伝えしようかと、ワクワクする日々を送って参りましたが、今回が最終回です。
 
私は普段の寄席以外でも、芸人として日本全国で演芸をやらせて頂いています。近年は、交通網の発達で北海道や沖縄でも日帰り!なんて仕事も増えましたが、宿泊を伴う仕事もたくさんあります。
旅慣れているおかげか各地でよく「荷物が少ないですね!」と驚かれます。
昔、永六輔さんに「僕も荷物は少ない方だけど、貴方に負けた」と言っていただいたこともあります。
私は衣裳の着物があるので、それだけでも荷物はかさばります。飛行機で移動するときには、荷物の受け取りで他の師匠方をお待たせしないように、機内持ち込み可能なサイズにまとめるようにしています。今はどこにでもコンビニがあるので必要な物は買えばいいのですが、大切なあきゅらいずの美養品はそうはいきません。
遊びに行くなら前回の記事で紹介した「お風呂セット」を持参したいくらいですが、仕事の1~2泊には「お泊り3ステップ」を使っています。 
s_neko3-8.jpg
実は、無印良品で売っているフタ付き石けん置きがちょうどいい大きさで、スポンジを正方形に切ったその隙間に、小分けの12mLのボトルに「きのね シャンプー」を入れてます。スポンジは洗面所で石けん置きに使うと「泡石」が容器にへばりつかなくて便利です。 
s_neko3-9.jpgs_neko3-10.jpg
「あきゅ式クレンジング」の重要性を知った私は、「あクレ」を四分割、ミシンでふちかがりをしてミニチュアサイズにしました。
これなら旅先のお風呂でゆっくり角質ケアすることができますし、使った後はホテルのバスタオルに挟んで絞れば簡単に水気が切れます。この方法で脱水して、寝る時に枕元に干しておけば、靴下やパンツも一晩で乾きますから、替えの下着は一組しか持っていきません。
s_neko3-11.jpg
まだお伝えしたいことはありますが、洗顔と同じで「過ぎたるは及ばざるが如し」(笑)
このぐらいにしておきましょう。

今回アンバサダーをさせていただいたことで、あきゅらいずからいろいろなことを学ばせて頂きました。
まずはシンプルに!
そして飽きることなく続けていける質の高さ。
泡立てに必要なちょっとしたコツの楽しさなど…、
私の芸にも反映させていきたいです。どうもありがとうございました。
 
最後に宣伝を!(笑)
s_neko3-12.jpg
今年で11回目になります、私が所属する落語芸術協会のファン感謝デー「芸協らくごまつり」が9月24日(日)に西新宿の芸能花伝舎で行われます。
 
皆さん、ぜひお遊びにいらして下さい♪
 
江戸家まねき猫

この記事の投稿者

江戸家まねき猫

1967年東京生まれ。100年以上続く動物ものまね芸、江戸家一族の唯一の女性芸人として、都内の各寄席に出演している。 女優としてテレビや舞台などにも数多く出演。現在はFMさがみ毎週金曜日20時から「江戸家まねき猫のおねえさんといっしょ!」のパーソナリティーをつとめている。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。