悪いときも、良いときも、続ける。これからも『初志貫徹』

竹本jender雄史
竹本jender雄史

2018/02/ 1

続ける事の素晴らしさ。
日々実感しています。
 
思えばこうしてあきゅらいずのアンバサダーをさせて頂いたり、『す ふ ふ』でファッション特集を担当させて頂いているのも、ずっとスタイリストという仕事を続けてきたからこそ。
いい時期も悪い時期もあるフリーランスのスタイリストという仕事をしていて、正直辞めてもっと安定した仕事に、、、、。なんて考えたことは何度も(笑)。
 
でも『初志貫徹』。熊本県の田舎町から上京した時から、私の心はずっと『スタイリストをやる!』それだけ。
思えば、その仕事が今こうして出来てるってとても幸せですね☆
 会報誌『す ふ ふ』でも、今後も皆様のお役に立つコーディネートやファッションアドバイスを提供できるよう努めて参ります。
 
おっと、すっかり肌から逸れてしまいました。
 
日々、「泡石(ほうせき)」で肌をいたわり、「優(ゆう)すくらぶ」で整え、「秀(しゅう)くりーむ」で輝かせる。(※これはあくまでも私個人の解釈です)
この繰り返し、この継続が、今私に肌の変化を感じさせてくれています。
左右の頬のにきび跡、中学時代からのコンプレックスだった自分の肌が、今はここまでに。
s_j3-2IMG_8116.JPGs_j3-1IMG_8115.JPG
 
担当のこのみさんには会うたびに肌の変化を褒めて頂き、肌が整ったおかげでメイクも馴染むようになり、ファンデーションも薄くなり違和感が無くなったようで、自分でも変化を感じずにはいられないといった状態に。
ただただ嬉しい限り。
 
悪いときも、良いときも、続ける。
『初志貫徹』
 
私の肌は、これからもあきゅらいずにお任せしよう。
キラッキラになった肌をいつか皆様に自慢させて下さい。
s_j3-3IMG_8111.JPG
 
スタイリスト
竹本jender雄史
竹本jender雄史

この記事の投稿者

竹本jender雄史

1983年生まれ。34歳。ファッションスタイリスト・インテリアスタイリスト・フードスタイリスト・蝶ネクタイデザイナー。中学生の時からニキビに悩み、ファッションのためコンシーラーやファンデーションを手放せない人生を送ってきた。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。