生後3ヶ月...の

商品チーム 小山

2016/05/27

朝、家を出るときは風が肌寒く、しかし日差しが気になる季節になりました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
UV対策は万全ですか?
 
リニューアルして登場した「涼草」も、発売から3ヶ月が経ち、
使用したお客様やスタッフから「前の「涼草」よりも使いやすくなった」と嬉しいお声が集まってきました。
生後3ヶ月、なるほど、この商品も性格がちょっと出てきたかな?という感じです。
改めて、使用者としてのスタッフから見た「涼草」をご紹介致します!
 
使用しているスタッフが口を揃えて言うのが、
 
・「泡石(ほうせき)」で落とせるのが楽。
・肌なじみが良くて白くもならないし、のびもいい。
 
その他にこんな個人的な感想も…
 
・たっぷりぬっても日やけ止め特有の乾燥する感じが少ない!(すはだの学校事務局)
・日やけ止めの独特なにおいがしなくて使いやすい。(窓口スタッフ)
・以前の「涼草」よりも、白さ、ぽろぽろ、お肌なじみが改善されていて、より気に入りました。(すはだトレーナー)
・化粧下地のように、お肌の色ムラが整って肌がきれいに見える。(ブランドマネージャー)
 
みんな気持ちよく毎日愛用してくれているようで何よりです!
 
しかし、改善されたといっても、まだこんな感想も…
 
・適量と思われる量を使うと白く感じるのが気になる。(すはだトレーナー)
・白くなくなるまで、なじむまでに少し時間がかかることが気になる。(窓口スタッフ)
 
白くなる正体は、紫外線散乱剤です。
これが紫外線を跳ね返して、お肌にダメージが届かないようにしてくれています。
とは言え…白浮きしてしまうのはスマートではありません。
 
そこで、「涼草」マスターと(社内で)名高いすはだトレーナーMにつけかたのコツをインタビューしました!

0527blog2.jpg
 
①CRを付けてすぐに涼草を塗らず、少し待ってから、指に細長く出します。
②お鼻の横あたりから、頬を滑らせ外側へムラにならないように伸ばします。
 そうすると、馴染みやすいですよ☆
 
日差しの強いときは、つばの幅広い帽子や日傘、ストールなどでも対策を!
また、お肌にやさしくすぐ落とせる分、水や汗、衣服の摩擦などでも落ちやすいので、こまめにつけなおしてくださいね。
 
おまけ
0527blog.jpg

この記事の投稿者

商品チーム 小山

商品チーム

お気に入りは「すきんおいる」です。 魚がすきです。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。