出産後、いつかは私も「子連れ出勤」してみたい!

横田 哲

2014/10/23

こどもが誕生してからは、おやこは生涯ずぅーっと「おや」と「こ」の関係ですよね。

プレママ(妊婦さん)の時期は、その「おやこ」関係を育むための貴重~な準備期間。

今回は、そんな貴重な準備期間を過ごしている、入社6年目のプレママスタッフ相川に、

さとるがインタビューをしてきました。



もうすぐ妊娠七ヵ月目を迎える現在も、企画関係のお仕事をバリバリされていますが、普段

の生活で、最も注意していることは何ですか?


前は『夜な夜な片付ければいいから、仕事詰め込んじゃえ〜』と無茶しがちだったのですが、

そうゆう働き方はやめよう!と決意しました。

今やるべきことを順位づけて、スケジュールをきちんと立てて仕事しています。

私生活では太りすぎない様にしています。

でも実りの秋で、ついつい食べちゃいます〜
 

s_DSC_0010.JPG


なるほど、「無理はせず、でも、しっかりと」やっているのはスゴイなぁ~。



プレママとなって初めて気付いた事や、感じる様になった事などはありますか?


出産後わずか54日後に復職した、代表の南沢は、改めて凄い人だと思います。

助産院の先生から、食事の重要性を教わり、「森の食堂」の有り難さを改めて感じました。

また、こどもにとっても関心を持つようになり、おやこ連れの姿があると、無意識に見ちゃいますね。


なんと素晴らしい変化!

(余談ですが)私の奥さんも、プレママになった頃、「こどもへの関心が高くなった」と語っていました。



仕事をしながら、妊娠、出産、育児に向かうことになり、はたらくことに対しての考え方は変わり

ましたか?また、今不安なことはありますか?


まだ今は出産していないので「はたらくことに関しての考え方」は変わってないです。

今の感じで働きつつ、育児と仕事を両立できたらな……と思っちゃいますが、絶対そうはいかないので、不安はたくさんあります。

家の近くの保育園は受入人数がとても少ないことも、悩みの種です。

もし保育園に入れなくても、うまいこと働けるよう、仕事のチームの皆さんと話したりしています。


ですよね~。何もかも初めての事ばかりだし、不安はありますよね。(我が家も同様でしたよ)

そんな不安を語る相川でしたが、その表情は、「きっと、こどもとの時間をすごく大切にするんだろうなぁ」としか思えない、「優しい母親」そのものでした。



プレママがはたらく環境として、会社側に「もっと、こうしてもらえたら嬉しいなぁ」と感じる事は?


私は、企画職なので、有り難いことに裁量労働制(職種や能力値などの条件をクリアすれば、

出勤/退勤時間を、比較的自由に自分で調整出来る制度)の適用対象なので、体調に合わせて無理なく勤務できてるんです。

今は正社員の時短勤務はできないそうなので、他部署のスタッフも妊娠した時に、もっと柔軟にはたらけるようになったらいいなぁと思います。


s_DSC_0015.JPG


心優しい相川は、早くも自分自身ではなく、後に続くプレママスタッフ達のことを気にかけていました。



ご主人が勤めている会社の福利厚生面は如何ですか?可能な範囲で教えてください。


主人が勤めている会社は雑誌の「女性が働きやすい会社ランキング」に入っていました。働いている人の6割が女性だそうです。

主人の同僚の女の子達も、『時短勤務ができるし、産休・育休がとりやすくて、復帰もしやすい』って言ってました。

今も主人と同じチームの女性3人が産休育休中だそうで、そのせいか、主人はここのところずっと忙しそうです。

誰かが頑張ってくれるお陰で産休育休が取れるんだな〜と、しみじみ肌で感じます。


とっても素敵な会社ですね~。

そしてこの会社、何となく、あきゅに似ているような親近感を持ってしまうのは、私だけでしょうか。。

相川のご主人も私もバスケ部出身なので、将来は「おやこで一緒にバスケ」をしたいなぁと思います。



現在、あきゅらいずではたらいているパパ&ママスタッフの姿を見て、自身にとって「励みになる事」は

ありますか?


『嘘ばかりついてきました』の担当だったので、代表の南さんが2歳と4歳のお子さんの育児をしながら会社を設立した話を細かく聞きました。(超壮絶です!!!)

執行役員の橋端さんも、母親業と役員業を両立させています。休日でもお子さん連れて、あきゅが参加しているイベントのお手伝いをしてくださいました。

『妊娠したから仕事を諦めないといけない』とちょっと思っていたのですが、熱い想いがあったらそんなことないんだな……と肌で感じれて、嬉しいです。


確かに。あきゅのママスタッフ達は、みんな「行動力」抜群ですよね。

そして、一人ひとりがみんな自分のスタイルを持っているところも魅力的です。

例えば、対応課スタッフのいしぞねさんのように、極端な食事制限などをせず、いつも自然体で、

育児と仕事を両立している姿も、とっても素敵ですよね~。



最後に、「おやこ盛り上げ隊」に期待する事、実現してほしい事はありますか?


まだ産んで復帰していないので、具体的なことは解らないのですが……。

今やっている『子連れ出勤』のように、どんどん新しいことにチャレンジしていってもらいたいです♪

以前、さとるさんが全社総会にお子様を2人連れて参加していたことを、ゲストの方から「命がごろんと横たわっている職場」と、表現してもらえたのが、とても嬉しかったんです。

そして今後あきゅらいずで仕事をする上で、この「命がごろんと横たわっている」という感覚は、とても大切なことだと思うのです。つい机上の空論になりがちなので……。



そして出産後、いつかは私も「子連れ出勤」してみたいです!



<会社に期待する事として>


双方に利益がちゃんとある形で、既存の枠に捕われず、新しい働き方をどんどん取り入れて

ほしいです。あきゅらいずは割と取り入れてくれると思うので、嬉しいです♪



これから出産を迎える「期待」と「不安」の両方の気持ちを、相川は素直に語ってくれました。

私達「おやこ盛り上げ隊」は、ママ・パパだけではなく、相川のような「プレママ」スタッフの、

「不安」を少しでも解消し、安心して出産・育児を迎えられるようにはたらきかけていこうと思います。


具体的には、「前例」となる実績を少しずつ積み重ねると同時に発信していき、その後に続くスタッフ達の
「安心」に繋げたいと考えております。


「おや」も「こ」も、そして今後「おや」になる人達も、みーんな笑顔になれるように張り切ってまいります!


さてさて、次はどんな“HAPPY&SMILE”のお手伝いができるかな(*^^)


皆様どうかこれからも“おやこ盛り上げ隊”を、応援してくださいね(笑)


========================

南沢典子プロデュース すはだの学校 開校!
9/1(月)より申込み受付中!http://suhada.akyrise.jp/
 
「あきゅらいず 2014文化祭」WEB特設ページはこちら
     ★ワークショップ事前予約受付中★
    http://www.akyrise.jp/bunkasai2014/
 
========================

この記事の投稿者

横田 哲

ICT研究所

こんにちは。 弊社スタッフ紹介ページをご覧頂きまして、誠に有難うございます! ICT研究所の横田哲と申します。 主にシステム開発のお仕事をしています。 「身体の中から綺麗になる」ために、中学生の頃からずっとバスケットバールを続けています。 2012年から、手話を勉強中です。 大切な宝物は「家族」です。 宜しくお願い致します。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。