スキンケアもからだ磨きも毎日の積み重ね。 続けているといろんな変化が感じられるんですね。

すふふ編集部

2015/08/10

【お客様インタビュー Vol.27  3回目】長谷川リサ様。36歳。あきゅ歴6年1ヶ月。
 

s_hasegawa3-1.JPG

いつもは「秀(しゅう)くりーむ」の後にフェイスパウダーを使っているという長谷川様。

「まだ完全なすっぴんにはなりきれないんです。パウダーをしていると1枚布を纏ったような感じになるじゃないですか。その1枚がなかなか取れない(笑)」

 

京都のキャラバンで一度だけつけたことがある「玉粉肌(たまごはだ)」に興味津々の長谷川様。さっそく、スタッフ小澤のミニミニ「すっぴん艶メイク講座」で再度試してみました。


長谷川様「パフの使い方が上手にできないんですよ」

小澤「私はアイブロウだけしているので、眉の部分だけに手で塗ってます。アイブロウの滑りもよくなって描きやすいんですよ」

s_hasegawa3-2.JPG

長谷川様「へ〜〜、手で塗ってもいいんですね。それなら簡単かも!」

 

お顔全体でなく一部分の場合は、手の平に直接出して指をさっと滑らすだけでもOK。これなら、お出かけ前にささっとつけられます。

そして、パフの付け方も試してみました。

「大福パフ」の真ん中をくぼませて、「玉粉肌」の容器をトントンと指で出して、パフの端を回転させながらパウダーをなじませます。

s_hasegawa3-3.JPG

長谷川様「ちょっとコツが要りますね。へ〜、耳かき1~2杯?! そんなに少量でいいんですね。練習してみます」

小澤「力を入れずに、両ほほ⇒額⇒鼻⇒顎の順でパフを滑らせます。最後は目元、小鼻の周りの細かいとことはパフを半分に折って使うといいですよ」

長谷川様「すごい軽くて、ホントにサラッとしてますね。何もつけてないみたい!!」

s_hasegawa3-4.JPG

長谷川様が「玉粉肌」も自分流に使いこなしていただけますように。

 

そして、取材の最後に、長谷川様が昨年から習っている足裏反射区療法を教えていただきました。

s_hasegawa3-5.JPG

足にクリームを塗って、足裏から膝下まで丁寧に揉みほぐします。長谷川様はこのケアを寝る前にほぼ毎日行っているそうです。「1日の疲れが取れてぐっすり眠れるんです。今ではやらないと寝れなくなっちゃいました」

 

いい睡眠のための素敵な習慣。見習いたい、とばかりに、私たちも一緒に長谷川様にレクチャーを受けながら足裏をケア

 

そして、足裏反射区療法『初体験』の小澤が受けてみることに。

s_hasegawa3-6.JPG

ぎゃ〜〜、い、い、痛い! と逃げ出しそうな小澤。
s__Z1A5128.JPG
結構凝っているみたいですね。

s_hasegawa3-7.JPG

あまりの痛さに耐えきれない小澤(笑)。

 

とっても楽しい取材となりました。

長谷川様、ありがとうございました!

 

そして、取材後にうれしいメッセージが届きました。

 

『Blogがアップされたことを友人に紹介したら

「あの写真、ほんとにすっぴん?」って口々に言われました。堂々と「すっぴんやでー!!」と返事しました(笑)。


すふふ取材以降、ますますお肌の調子が良く、ルンルン絶好調で過ごしています(^^)

なぜ調子が良いのか、自己分析した結果…
 

①すっぴんでいることが以前に比べると断然多くなったこと(プレストパウダーを塗る日もあります)。

②「秀くりーむ」を日中何回か塗り直すようになったこと(日中汗をかいたら素洗いして「秀くりーむ」をつけます)。

③キャラバン以降、「優すくらぶ」後の冷水ひきしめがちゃんと習慣になったこと。

④精神的に充実していて体調も良いこと。

⑤「食」との付き合い方が変わってきたこと。

「すはだプログラム」の感想でもお話しした、なんとなく食していたものと本当に好きで食しているものとがより明確になったように思います。
例えば、今までなんとなく飲んでいただけだったことに気づいたお酒は、もうほとんど飲まなくなりました。

以前から好きなコーヒーは「やっぱり好き!!」で、毎日丁寧に豆から挽いて淹れています。

ss_hasegawa3-8.JPG

今年は猛暑が続いていますが、今のところけっこう暑さにも大丈夫です。

「あれ? 毎年この時期って私もっとへたばってるよな~。今年はけっこう平気やな~」と感じています。

これは多分、推拿(すいな※1)や足裏反射区やレイキで養生をするようになったからだと思います。』

 

お肌もからだもすこやかになっている証拠ですね。
その調子で、これからもお肌とからだにいい習慣を続けていってくださいね。

 


(※1)推拿(すいな):中医学をベースとした手技療法。"推拿"の推は「おす」、拿は「つかむ」という意味。


はせがわ•りさ様/36歳/あきゅ歴6年1ヶ月/パン職人・ベビーシッターを経て現在は京都市で5歳の娘さんと3人暮らし。1年前 より推拿(中医学をベースとした手技療法)、足裏反射区療法、レイキ(気功の一種)を勉強し、施術ができるまでに技術を習得。将来はサロンを出すのが夢。趣味はランニング、占星術、読書。

 

この記事の投稿者

すふふ編集部

編集長(konomi)とお客様窓口メンバーで結成。「全国のすっぴんすはだと笑顔のお客様に逢いに行きます!」がモットー。
取材で日本全国を駆け回り、お客様のすはだの美しさ、生き方、あきゅへの熱い想いを原動力に、Blogと会報誌『すふふ』を制作。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。