年齢に逆らうことなく正直に。綺麗に老いていきたいですね。

すふふ編集部

2017/02/13

【お客様インタビューVol. 46  栗田 美樹様(65歳)あきゅ歴3年5ヶ月】

 

メイク養品『いろのは』体験会に参加された保育士の栗田美樹様(65歳)。普段はシミやソバカスを隠すためにコンシーラーを使用しているそうですが、『いろのは』を使うとどのように変身できるのでしょうか。まずは南沢のメイクテクによるビフォーアフターをご覧あれ!

s_4I3A6407.JPG

こちらがすっぴんの栗田様。
 

シミ、ソバカスなどのお肌悩みは隠すのではなく、なじませる

栗田様のお肌を見るなり、「状態がすごくいいですね~。洗いスギない。つけスギない。余計なことをしていないお肌をされています」と南沢。


実は、栗田様はおもてなし事業部スタッフ小野のお母様でいらっしゃいます。南沢と、母娘だから輪郭が似ているとか、お孫さんの話題など会話に花が咲く中、「普段はメイクされていますか?」と南沢が質問。
すると、「私が学生の頃は、学校に化粧品メーカーの方が来て、メイクを教えてくれるような時代だったので、社会人になったら、お化粧しないといけないと思っていました」と栗田様。


南沢はお顔全体に「涼草(すずくさ)」をのばし、パフで「玉粉肌(たまごはだ)」をなじませていきました。

次にブラシに『いろのは アイブロー』をなじませ、一本一本眉を描き、時折『いろのは フェイスカラー』のブラウンを混ぜて眉を描き足しました。そのあと、頬骨に沿って入れるのがフェイスカラーのセオリーですが、ブラシを横に滑らせながら、耳の横まで入れるなど、広範囲にフェイスカラーを入れました。

s_1_I3A6739.JPG

普段はアイブローペンシルで眉を描いているという栗田様ですが、「自然なすっぴんメイクにあった眉に仕上げるためには、ブラシで描く方がいいんです」と南沢がアドバイス。

s_2_I3A6780.JPG

フェイスカラーは耳の近くまで、筆を横に動かすなど広範囲に色を入れていきます。

s_3_I3A6792.JPG

リップカラーではなく、「リップカラーコンディショナー」。「すきんおいる」の保湿成分を配合しています。


栗田様は普段、シミ、ソバカスを隠すためにコンシーラーを使っているそうですが、『いろのは』はこれらのウイークポイントをお肌になじませて、活かすという発想で生まれました。仕上がりをご覧になって、いかがですか?シミやソバカスは気になりますか?


栗田様を一目見るなり、スタッフから歓声が沸き起こり、『いろのは』体験会に参加されたお二人も「ツヤツヤですね」「明るくなりました!!」というお声が飛び交う中、当の栗田様は「やさしくなでられている感じでした。気が付いたら、メイクが終わってた」と照れ臭そうに答えてくださいました。

s_5_Q6A1922.JPG

こちらがアフター。艶が出て、明るく、元気でイキイキとした表情になりました。『いろのは』(フェイスカラー、アイブロー、リップカラーコンディショナー)を使用。

 

シンプルがいちばん!3ステップのみというのがありがたい!

20代の頃からずっと、同じメーカーのスキンケア、メイク品を使い続けてきた栗田様ですが、ご主人の会社が化粧品を手掛けたことから、58歳で化粧品一式を変えました。

それから約4年後、あきゅで働きはじめた娘さん(スタッフ小野)が3ステップを使っているのを見て、「社員はすっぴんって聞いたけど、どんな商品なんだろう?」と興味を持ちました。なぜなら、栗田様は昔からお化粧はされていますが、同僚に「もう少し化粧すれば?」と言われるくらい、薄化粧の人。できれば(メイクは)パスしたいと思っていたからです。そんな栗田様にとって、あきゅは、まさに願ったり叶ったりでした。


「娘から強くすすめられることはなかったけど、家に泊まりにくると3ステップを持ってくるので、試しに使ってみたら、使い心地がすごくいいので気に入ったんです。いつの間にか孫も使っているし、娘の家族全員が〝あきゅが好き〟と口にするのを聞いて間違いない、と思ったんです。

商品の成分に安心感はもちろんありますが、私の中ではシンプルがいちばん!3ステップのみというお手入れはすごくありがたいですね~」

とはいえ、初めて3ステップを使ったときは不安もあったと言います。


「今まで使っていたスキンケアは、にゅるにゅるして脂っぽい感じでしたが、それに比べて、『秀(しゅう)くりーむ』はす~っとお肌に浸透して、つけ心地もさらっとしていたんで、こんなで大丈夫?土台が良い人じゃないとダメじゃない?と思ったんです。でも、使い始めの頃、乾燥が気になっていたので、少し量を増やしてみると、肌が潤ってきて、乾燥が気にならなくなりました。気づい時には、不安から信頼へと変わっていたんです」


そんな栗田様のいちばんのお気に入りは、「優(ゆう)すくらぶ(ハッカ)」。夏に使うのが大好きというスタッフが多い中、インタビューは真冬。この時期にハッカと答えてくださった栗田様は本物の「優すくらぶ」ファン!あの清涼感がわかっていただけて大感激です!!

 

悩みは、つい自己流になっちゃうこと

3ステップを使いはじめて3年目を迎えた栗田様には悩みがあります。1つは、つい自己流になってしまうこと。

「ときどき娘と旅行に行くでしょ。そうすると、3ステップの使い方を細かく指摘されるんです。そのときは『なるほど!』って思うんだけど、旅行から帰ってくると、すぐ元に戻ってしまう。会報誌『すふふ』を読んでも、そのときだけはふ〜〜んて気をつけるんですけど(笑)。ちゃんと丁寧にお手入れしなくちゃダメですね」


2つ目はシミ、ソバカス、脂が浮くこと。普段のお手入れを伺うと、「優すくらぶ」が夜1回、中指1.5関節分の規定量でした。「45歳を過ぎると潤いも少なくなるので、規定量では足りないかもしれないので、気になるところに2倍の量で使ってみてください」とアドバイスさせていただきました。

そんな栗田様がお肌のために気をつけているのが、お酒を飲み過ぎないこと。

「種類に関係なく、なんでもじゃんじゃんいけてしまうので、量をセーブするようにしています。お料理も好きで、60歳を過ぎて野菜の美味しさに目覚めたので、食卓は野菜の出番が増えました。森の食堂のレシピや会報誌『す ふ ふ』の薬膳レシピを参考させてもらうこともしばしば。主人はお肉が好きですが、私は旬の野菜を多く摂るようにしています」

s_6_Q6A2033.JPG

年齢差を感じさせず、すぐに打ち解けたお三方(中央:西平様、右:香坂様)。『いろのは』のすっぴんメイクがよくお似合い。みなさんの優しい笑顔を見て、スタッフも心が和んだひとときでした。

 

理想は優しくて、そこに居るだけで周りの人をホッとさせる人

子どもは親の背中を見て育つと言います。栗田様は、30代から、途中お休みしながらも、保育士を続けていらっしゃいます。そんな栗田様に理想の女性像をお聞きすると、

「これからますます、外見的にはシワが増えたり、身体的にも衰えていきますが、年齢に逆らうのではなく、それらをすべて受け入れながら、綺麗に老いていきたいと思います。理想の女性は、優しくて、そこに居るだけで周りの人をホッとさせる人。歳をとってもイキイキとしている人。そんな人に憧れますね~」

栗田様の「すべてを受け入れながら、老いていく」という言葉に一人の女性として覚悟がうかがえました。これからもそのお手伝いをさせてくださいね。

 

くりた みき様/あきゅ歴3年5ヶ月/65歳/初めて3ステップを使ったとき、「前に使っていた化粧品とまるで違って、シンプルで、つけ心地もさっぱりしているので大丈夫?」と驚いたそうですが、その後は乾燥が気にならなくなって納得されたそうです。


すはだを活かすメイク養品『いろのは』はこちらから!
  • いろのは
    すはだに使えるポイントメイクセット

    【限定数300個】いろのは フェイスカラー&アイブロー(ブラウン/ピンク)通常価格7,800円(税込)→ 600円OFF
    【セット内容】いろのは フェイスカラー(ピンク) 4.8g/いろのは アイブロー (ブラウン)1.5g

    7,200(税込)

    すはだに使えるポイントメイクセット

    【限定数500個】いろのは フェイスカラー&アイブロー(ブラウン/レッド)通常価格7,800円(税込)→ 600円OFF
    【セット内容】いろのは フェイスカラー(レッド) 4.8g/いろのは アイブロー (ブラウン)1.5g

    7,200(税込)

    いろのは フェイスカラー

    【限定数800個】いろのは フェイスカラー(ピンク)【セット内容】いろのは フェイスカラー(ピンク) 4.8g

    4,900(税込)

    いろのは フェイスカラー

    【限定数1,200個】いろのは フェイスカラー(レッド)【セット内容】いろのは フェイスカラー(レッド) 4.8g

    4,900(税込)

    アイブロー

    【限定数2,000個】アイブローいろのは アイブロー (ブラウン)1.5g

    2,900(税込)

    いろのは フェイスカラー 専用ブラシ

    いろのは フェイスカラー 専用ブラシ熊野筆(山羊毛) 全長約 15cm

    4,800(税込)

    いろのは アイブロー 専用ブラシ

    いろのは アイブロー 専用ブラシ熊野筆(ウォーターバジャー) 全長約 13cm

    2,200(税込)

この記事の投稿者

すふふ編集部

編集長(konomi)とお客様窓口メンバーで結成。「全国のすっぴんすはだと笑顔のお客様に逢いに行きます!」がモットー。
取材で日本全国を駆け回り、お客様のすはだの美しさ、生き方、あきゅへの熱い想いを原動力に、Blogと会報誌『すふふ』を制作。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。