届くたびにわずかに異なる3ステップの色や香りの違いが楽しみです。

すふふ編集部

2017/10/ 2

悪天候の中、たくさんの荷物を抱えて岐阜県から東京へと足を運んでくださった渡邉様。その荷物はなんと、あきゅらいずと関連会社mima、テトテトへのお土産だったんです!そんな渡邉様のきめ細かな心配りに感動しつつ、きめ細かなお肌に脱帽!!
さぞかし3ステップを使いこなされているのかと思いきや、今年の春までは「秀(しゅう)くりーむ」のみのお付き合いだったというではありませんか?!
 
【お客様インタビューVol.58 第1回 渡邉佳子様(35歳)あきゅ歴4年0ヶ月】
<お肌悩み>目の下くすみ、頬の下の赤味
s_s__J0A1449.JPG
草むしりとお掃除が趣味という渡邉様。お仕事がひと段落した午後は庭の手入れに励むことが多いとか。

泡立てが難しいからと『泡石』を断念!

渡邉様があきゅと出逢ったのは4年前。当時、渡邉様はドラッグストアで購入した米ぬか石けん等で顔や体を洗い、お風呂上りは化粧水のみ、保湿クリームなどは一切使わないシンプルケアを続けていらっしゃいました。
「書店で買い物をした際に同梱されていた南沢さんの横顔のチラシ。それがすご~く気になって捨てずに残しておいたら、別の機会に同じチラシをいただいたので、試しに『お試し詰合せ』を注文してみました。手元に届き、使い方動画(最新の動画はコチラ)を見て、えっ?〝泡立て〟ってこんなに難しいの?って。とは言ってもその時はネットで泡立てようとは思わなくて(笑)、『泡石(ほうせき)』の能力を活かしきれないなら(使うこと自体)もったいないかな〜って思ったんです」
3ステップを丸ごと使わなかった理由を、こう話してくださいました。
s_s__J0A1253.JPG
はじけるような愛くるしい笑顔の渡邉様。高校時代はボート部で「黒光り」するくらい日焼けしていたそう。

渡邉様に限らず、「泡石」を上手に泡立てられないとか、なぜ泡立てた方が良いの? といったお声を多くいただいています。その悩みを解決するために、会報誌『すふふ』やWEBマガジンで洗顔方法や濃密泡の大切さを紹介したり、泡の立て方を実践形式で学ぶ「すはだの学校~きほんの洗顔教室」を開催しています。

前述の理由で「泡石」の使用をあきらめた渡邉様ですが、『秀くりーむ』は使い続けてくださいました。ところが今年の春になって『+1(プラスワン)定期便』の注文があったのです!
突然の出来事に担当・松本(あきゅの森窓口事業部)は驚いたと言います。

失礼ながら、なぜ3ステップを使ってみようと思われたのかと尋ねると、
江戸家まねき猫さんのブログに紹介されている『泡立て器』に衝撃を受けたんです。
他社さんの製品を応用するなんて反則技(笑)って思いつつ、コレさえあれば私も泡を立てられるかも!と思いました」
なぜ「+1定期便」をお選びいただいたのかについては、
「最初は値段が高いと思いましたが、『すぐにポイントがたまるから高くない』というお客さんの声に背中を押された」とか。

ところで、はじめて「泡石」→「優(ゆう)すくらぶ」→「秀くりーむ」をお使いになっていかがでしたか?
「泡立て方を意識するだけでこんなに違うんだ!って実感しました。『泡石』で洗ったあと、あまりに綺麗さっぱり洗えたので、ひと皮むけたような気がしました(笑)。『優すくらぶ』は肌に入り込むような感覚がありました。この2つを使ったことで『秀くりーむ』の入り方が今までと全然違いましたし、翌朝までお肌の潤いが持続していたんです」
s_s__J0A1228.JPG
あきゅの森窓口の担当・松本とは年齢も1つ違いとあって意気投合! 「こんな長電話していいの?と思いながら今日も楽しかった。電話で話せることはとってもありがたい」とおっしゃいます。

毎回少しずつ違うところが3ステップの魅力

「泡石」をあきらめたにも関わらず「秀くりーむ」を使い続けてくださった理由。それは3ステップに含まれている「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」が、漢方薬に似ていたからと渡邉様。

「漢方薬を以前から処方してもらっているんですが、毎回私の体調を診て薬を調合してくれるので、色や味、匂いなどが毎回変わるんです。これって何かに似ているな~と思ったら、3ステップだということに気づきました。
特に『秀くりーむ』は、毎回はっきり違いがわかる。そこが面白い。色が違ったり香りが違ったり、はちみつのような香りがすることも! 和漢ハーブからできているから違って当然ですよね。その方が自然だと思います」

これを聞いたスタッフは拍手喝采! 
というのも「毎回違うから心配」というお声をいただくことはあっても、「そこが自然でいい!」と言うお声はあまりありませんでした。渡邉様の鋭い洞察力に頭が下がりました。

そもそも渡邉様が漢方薬を飲み始めたのは、23歳のときに発症した甲状腺の病気がきっかけでした。
いったん完治したものの再発し、その際医師から『ホルモン薬を飲み続けてください。止めると再発しやすいので』と言われ、西洋医学の投薬だけでは根治しないと漢方薬を併用し始めたそうです。病気が治ったあとも体調を整えてくれる漢方薬は手放せないといいますが、飲み始めは辛いことの連続でした。
 
「漢方薬をはじめるにあたって『体に溜まっている毒素が全部出ます』と医師から聞いていましたが、その言葉通り、人が怖くなり、友人からの連絡も返せなくなり、暴言を吐くように…。次第に症状がひどくなり、これ以上無理、消えてしまいたい!というところまでいきましたが、友人の言葉があったから今の私があります
 
そのときはものすごく辛かったんですが、今は自分を変えることができて本当に良かったと思っています。
それと同時に、こんなたいへんな時期に結婚してくれた旦那さんに〝よくぞ、結婚してくれた〟と感謝の気持ちでいっぱいです」
s_s__J0A1217.JPG
「この辺りにあった黒いものがあまり気にならなくなりました」と渡邉様。

お写真を元にアドバイス。お肌悩みを解決したい!

今年に入ってあきゅらいずは、お客様から送っていただいたお肌の写真を元にお肌の状態を確認し、それに沿ったお手入れ方法のアドバイスを始めました。
毛穴詰まりや洗顔が足りない箇所、メイク汚れが残っているなど、お客様のお肌の状態をある程度把握できると考えています。

「渡邉様は目の下のシミを気にされていましたが、写真を見ると角質ではないかと思ったので、きちんとしたお手入れを続けていただくと段々となくなりますよ、とお伝えしました」と松本。
毎日のお手入れを今までよりもさらに丁寧にされたことで、取材当日はキメの細かいふっくらお肌の渡邉様とお会いすることができました。

次回は、ごくシンプルにミニマムに暮らす渡邉様のモノ選びに対するこだわりや、手の泡立てに挑戦された一部始終をご紹介します。


わたなべ・よしこ様/あきゅ歴4年0ヶ月/35歳/午前中は給食センターで調理のお仕事。旬のものやお野菜が大好きでぬか漬けも得意。最近『2:8(にはち)の法則』(2割はスキンケア、8割は暮らし方)の8割への関心が高まり、体の中から綺麗になりたいと努力の真っ最中!


※肌実感には個人差があります。
※あきゅ歴は取材当時のものです。

この記事の投稿者

すふふ編集部

編集長(konomi)とお客様窓口メンバーで結成。「全国のすっぴんすはだと笑顔のお客様に逢いに行きます!」がモットー。
取材で日本全国を駆け回り、お客様のすはだの美しさ、生き方、あきゅへの熱い想いを原動力に、Blogと会報誌『すふふ』を制作。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。