私のドキドキすっぴんデビューは 拍子抜けするほどスムーズでした(笑)

すふふ編集部

2018/03/12

44歳で出産された野曽原様は、不妊で悩む女性をサポートするNPO団体の理事をはじめ、産後のママをケアする「産後ドゥーラ(※)」という資格を取得し、自らそのケアにあたるなど精力的に活動されています。

「出産後に無理をすると産後の肥立ちが悪くなるといいますが、その通りだと思います。私がこんなに元気でいられるのは、産後ケアのおかげ。この間、友人に五十路だよん~って宣言したら、ウソでしょ。どうしてそんなに元気なの?とビックリされました」


【お客様インタビューVol.60 第2回 野曽原誉枝(のそはら・やすえ)様(50歳)あきゅ歴7ヶ月】


<お肌悩み>シミ、くすみ、シワ、乾燥、混合肌

s_2-1_81A6644.JPG

2回目の「すはだの学校」でより実践が身につき、お手入れに磨きがかかる野曽原様。「泡石(ほうせき)」の濃密泡をマスターする日も近いことでしょう!


頑張れば頑張るほど、目指していたメイクとは逆方向に…

「〝すっぴん〟で外出するなんて絶対、無理。女性は40歳を過ぎたら、お化粧するのが当たり前」

そう考え、そう実践してきた野曽原様があきゅらいずと出逢ったのは、お子様の幼稚園の入園がきっかけでした。

「幼稚園でお会いするママさんを見て、みなさん若くてキレイ。それにきちんとお化粧されてる! 年上の私がこのままでいいはずがない。明日からきちんとお化粧しなきゃ!と思いました」


44歳で出産し、50歳の現在も「産後ケアのおかげでこんなにも元気!」と豪語する野曽原様は、これまでに年齢を意識したことはなかったそうですが、、、、、

「でも、現実は違ってました。シミやシワなど気になる部分を隠そう、描き足そうとするうちに、どんどん化粧が濃くなって、テカる、ファンデーションがシワに入り込む、化粧崩れが早い……。これじゃぁ、理想のメイクと逆行してるんじゃない? なんか順番が違う? 次第にそう考えるようになって、最終的にはメイクよりスキンケアが先! 早くお肌をケアしなきゃと思うようになっていきました」

s_2-2_81A6212.JPG

ツヤとテカりの違いがわからなかったのですが、「ツヤは中から、テカりは表面と聞いて納得しました」と野曽原様。


最初は幼稚園のバス停まで。次の日も「大丈夫」と自分に言い聞かせました

「すはだの学校」を2回受講して、毎日3ステップのお手入れに励んでいる野曽原様。受講前に届く「すはだ写真」も明らかに、潤いとツヤが蘇っていらっしゃいます。


そして、とうとうすっぴんになりました!!

「〝40歳を過ぎたら化粧はマナー〟と言っていた自分が、真逆に行くなんて、にわかには信じがたいですよね(笑)」と少々、照れ臭そう。なぜすっぴんになられたのか、興味津々で尋ねたところ、

「3ステップを使い始めて下地をやめた辺りから、パウダーファンデーションをどのくらいつけたらいいのかわからなくなって…、ブラシでつけてみても?? それに顔がぽってりするような感触もあって、だんだんファンデーションをつけるのが嫌になってきたんです」


その数日後、野曽原様はすっぴんデビュー!

「その日は幼稚園のバスに子どもを送る以外に用事がなかったので、少しくらいなら大丈夫かな? と恐る恐る外に出てみると、案外平気でした(笑)。次の日は半信半疑でしたが、昨日すっぴんで行けたんだから 、と自分に言い聞かせてクリア。慣れるまでに時間がかかりましたが、3ステップを使い始めて1ヶ月くらいですっぴんになりました」

職場の同僚や幼稚園のママさんから、何か言われるのでは?とドキドキしたそうですが、
「変わらないのか、興味がないのか、スルーされました(笑)」。


今のお気に入りは『秀くりーむ』+『すきんおいる』=「秀おいる」

取材を続けていくと、まじめでしっかりママのイメージとは異なる〝お茶目な野曽原様〟がちらほら。

好きな美養品は?と尋ねると
秀くらぶ?アレ?優……なんだっけ? あ、『秀(しゅう)くりーむ』の間違いでした(笑)」と、みんなで大爆笑。

s_2-3_81A6574.JPG

就寝前に『秀くりーむ』7、8プッシュに『すきんおいる』3滴を加えた「秀おいる」をつけるのが日課。この2つがお気に入りの美養品。


現在は3ステップのあと、シミが気になる部分にコンシーラー、その上に「玉粉肌(たまごはだ)」をつけていらっしゃいます。

「『玉粉肌(たまごはだ)』は写真映えもよくて、重宝しています。以前、使っていたアイシャドウが肌に合わなくなって、アイシャドウと間違えて『いろのは フェイスカラー&アイブロー』を買ってしまいましたが、フェイスカラーはアイシャドウに、アイブローはアイライナーにも使えると聞いて、ラッキー!と思いました」


最後にあきゅを使って良かったと思いますか?と尋ねると、

「すっぴんになれて良かった!」という嬉しいお言葉が返ってきました。

「子どもって、親の顔を触るのが好きですよね。ウチの子どもは特にそう。なので、化粧している時は気を使いました。すっぴんになってからはそれもなく、子どもにとっても自分にとっても良かった!と思っています」


撮影したお写真をセレクトしながら、どのお写真も笑顔・笑顔・笑顔で映っている野曽原様に感心させられました。これからもその笑顔で、世の中の悩める女性やママさんのサポートをお願いします!

では、近いうちに「すはだの学校」でお会いしましょう~♪(byスタッフ一同)。


 

のそはら・やすえ様/50歳/妊活や不妊治療で悩んでいる方のサポートを行うNPO法人Fine理事に加え、産後ママの家事や育児をサポートする産後ドゥーラとしてもご活躍。お子様は5歳(男児)。定期的に「すはだの学校」に通って、自分のお肌に合ったお手入れができるようになるのが理想。


*産後ドゥーラ/産後間もない母親に寄り添い、子育てが軌道に乗るまでの間、家事や育児をはじめ、心と身体をサポートする専門家。民間資格があり、アメリカでは一つの職業として確立されています。


 

※肌実感には個人差があります。

※あきゅ歴は取材当時のものです。
 

この記事の投稿者

すふふ編集部

編集長(konomi)とお客様窓口メンバーで結成。「全国のすっぴんすはだと笑顔のお客様に逢いに行きます!」がモットー。
取材で日本全国を駆け回り、お客様のすはだの美しさ、生き方、あきゅへの熱い想いを原動力に、Blogと会報誌『すふふ』を制作。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。