すふふアンバサダー③ 変化がゆっくりに感じる時こそ、 焦らずマイペースでいきます!

すふふ編集部

2018/07/30

会報誌『す ふ ふ』の新連載としてスタートした「すふふアンバサダー」は、2名のお客様に1年間「+1(プラスワン)定期便」をお使いいただき、3ヶ月ごとの「お肌の状態」と「肌実感」をつぶさに紹介する企画です。

取材2回目を迎えた岩本様をひと目見た瞬間、「前回よりお肌が整いましたね!」と声をかけたスタッフ。ところが意外や意外、岩本様は浮かない表情・・・。その理由やいかに?

【すふふアンバサダーお客様通信vol.3 岩本桂子様(40歳)「+1定期便」開始7ヶ月
s__81A0524.JPG
半年ぶりに再会した友人に「前と全然違う~。毛穴も目立たなくなったね! 40代に見えないよ!!」と言われてとても嬉しかった!!と岩本様。

予想とは裏腹に、お肌の調子は悪くない?!

アンバサダーが始まって、7ヶ月経ちました。
スタートから3ヶ月間は「毛穴が小さくなりました~!」と声を大にして叫びたいくらい、肌実感していましたが、この3ヶ月間は「変化」を感じることなく過ぎていきました。

取材の際、このことをスタッフに伝えると、
「アンバサダーを始めてから、使い方も使用量もしっかり守って丁寧にお手入れを続けていらっしゃいましたから、かなり肌実感に手応えがあったと思います。その後、お肌が整ってきたので、そのときよりも肌実感の度合いが小さくなったと思われます。
以前より、乾燥が気にならなくなったのでは? それに3ヶ月前よりもキメが整って毛穴が目立たなくなってきましたね」
と予期せぬ言葉が返ってきました。

自分では、あんまりキレイになっていないと思ったのですが、、、
言われてみると、春から初夏の季節の変わり目は、毎年何らかの肌トラブルに悩まされていましたが、今年は何事もなく、気づいたら季節が過ぎていました。
保湿を怠らなくて良かった~。
約半年間のお手入れの賜物ですね、きっと・・・。

違和感は、“洗い残し”のせいでした!

ところで、皆さんはきれいに洗顔できていますか?

なぜ、そんなことをお聞きしたかと言うと、
私は「洗い残し0(ゼロ)洗顔術」(会報誌『す ふ ふ』18号)を読んで、ドキッとしたからです。
自分では丁寧に洗顔していたつもりでも、「眉の側面」「目の下」「口元」が洗えていないことに気づきました。
どうりで「涼草(すずくさ)」をつけているときに、ざらっとしたような感触があったんです(汗)。
それ以来、「泡石(ほうせき)」でたっぷりの濃密泡を作って、お顔にのせ、洗い残しのないよう泡の上からやさしく指を動かし、丁寧に洗顔するようになりました。

そして、2関節・中指からはみ出るくらいたっぷりの「優(ゆう)すくらぶ」で、特に乾燥する「唇」をしっかりと保湿。ハンドラッピングで潤いを閉じ込めます。
「秀(しゅう)くりーむ」は毎回7プッシュと決めています。
このときもハンドラッピングを忘れないようにしています。

このお手入れを朝晩続けていると、(「+1定期便」(約25日分)では足りなくなってしまうので、「泡石」「優すくらぶ」「秀くりーむ」の3つとも予備を置くようにしています。なくなっちゃうと不安で不安で、、(笑)。
s__81A0411.JPG
「『優すくらぶ』を1日忘れただけで、お肌が乾燥するような気がします」とおっしゃる岩本様に、「毎日丁寧にお手入れされているので大丈夫! 少し肩の力を抜いてお手入れされてはどうでしょう?」とスタッフからアドバイスさせていただきました。

「涼草」の肌色コントロール力に驚いています!

3月から使い続けている「涼草」のファンです♡
その理由は、日やけ止めなのに“肌色のコントロール力”がスゴイこと。
さらに毛穴もカバーしてくれます!!
時々、「玉粉肌(たまごはだ)」をつけるのを忘れてしまうほどです。

うまくつけられなかったら、どうしよう???と恐る恐る使い始めたところ、案の定「秀くりーむ」の量が少なかったため、ダマになりました。自分なりにいろいろ試してみましたが、これといった解決策が見つからなかったので、スタッフに聞いてみると、

「『涼草』を塗る直前に『秀くりーむ』(2プッシュ程度)をつけるとダマにならないですよ」との答えが・・・。

えっ?! それだけ? あれほど悩んでいたのに即解決。
おかげで、ますます「涼草」のファンに♡♡♡
ちなみに、今日も「涼草」をつけています。

もう一つのお気に入りは、「あクレ(あきゅ式クレンジング)」です。
前回もお伝えしましたが、「あクレ」を軽く滑らせただけで肌にツヤが出たので、それ以来週2回、「泡石」の洗い流しに使っています。
この間、いとこに使ってみたら?とすすめたところ、「お肌のゴミが取れた感じ。すっきりした」と話していました。

最後に、この3ヶ月間を通して学んだことは、急激に「変化」を感じるときもあれば、ゆっくりに感じるときもあるということです。
継続は力なり!
焦らず、本来の自分のペースでお手入れを続けていきたいと思います。

次の3ヶ月間の目標は次の2つです。

①季節的に海に行く機会が増えるので、日やけしても今のお肌をキープできるようケア・維持する
外出はもちろん、冷房で冷えないように気を付けたいと思います。
②「秀くりーむパック」に挑戦する
この3ヶ月間は秋に備えて潤いを蓄積したいと思っています。

夏バテや熱中症に気をつけて、皆さんも素敵なバカンスを!
s__81A0524.JPG
「『涼草』をつけてしばらく放置すると、肌が明るくなり、ファンデーションをつけているように見えるところがスゴイと思います」と岩本様。

*「秀くりーむパック」いつもの量プラス3~4プッシュの「秀くりーむ」を伸ばしたお肌にホットタオルを乗せます。

いわもと・けいこ様/40歳/「すはだの学校」と同時に「+1定期便」をスタート。毛穴が目立たない、くすみのない、透明感のあるお肌を目指してアンバサダー実践中! 趣味は三味線と民謡。


※肌実感には個人差があります。
※あきゅ歴は取材当時のものです。


この記事の投稿者

すふふ編集部

編集長(konomi)とお客様窓口メンバーで結成。「全国のすっぴんすはだと笑顔のお客様に逢いに行きます!」がモットー。
取材で日本全国を駆け回り、お客様のすはだの美しさ、生き方、あきゅへの熱い想いを原動力に、Blogと会報誌『すふふ』を制作。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。