Vol.225 唐辛子の話2

湯 忠立先生

2018/07/25

180705.jpg

唐辛子の強烈な刺激は、古くから世界中で特別な力を持つと考えられてきました。中国でも"火の食材"といわれて魔除けの力があるとされてきました。家の玄関や門に唐辛子を下げておくと災難が入り込まないと信じられていたんです。
 
最近、中華街を歩いていて、ガラスでできたカラフルな唐辛子ストラップを売っている店が多いのに気がつきました。風水ブームのせいでしょうか、唐辛子を身に付けていると魔よけになるということで、外国から来た観光客にも好評のようです。

180704.jpg
左の写真は日本で見つけたお守りです。中国のものと似ていますが、唐辛子を藁で編みこんだもので、玄関や台所などに下げておくという風習が日本にもあったようです。





 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

湯先生の薬膳コラム最新記事

Vol.227 辛味指数

Vol.227 辛味指数

2018年08月 8日(水)

Vol.226 辛味は味覚じゃない

Vol.226 辛味は味覚じゃない

2018年08月 1日(水)

Vol.225 唐辛子の話2

Vol.225 唐辛子の話2

2018年07月25日(水)

Vol.224 唐辛子の話1

Vol.224 唐辛子の話1

2018年07月18日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。