Vol.227 辛味指数

湯 忠立先生

2018/08/ 8

中国語には辛味を表す漢字がいくつかあります。
 
辣(ラー、là):唐辛子など、熱く感じる辛味。
麻(マー、má):山椒など、痺れる感じの辛味。
辛(シン、xīn):柚子・シナモンといった、あまり痛覚を刺激しない辛味。
 
日本でも唐辛子、ワサビ、カラシ、生姜はそれぞれ独自の辛味がありますが、その違いをうまく表現する漢字はないようですね。
唐辛子に関しては、辛さを計る正式な単位があります。これは1912年にウィルバー・スコヴィルによって考案された味覚テストからスコヴィル値と名付けられています。唐辛子のエキスを砂糖水に溶かし、複数の被験者が辛味を感じなくなる倍率を辛さの値としたのです。

180802.jpg
 
ちなみに、ピーマン・シシトウはスコヴィル値:0、鷹の爪:5万、一般的な催眠スプレー:1万5千~9万、世界一辛い唐辛子とギネスが認定したキャロライナ・リーパーは何と"200万"程度とされています。唐辛子も種類によってスコヴィル値が大きく違いますので、注意が必要ですね。
 
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

湯先生の薬膳コラム最新記事

Vol.228 辛味中毒

Vol.228 辛味中毒

2018年08月15日(水)

Vol.227 辛味指数

Vol.227 辛味指数

2018年08月 8日(水)

Vol.226 辛味は味覚じゃない

Vol.226 辛味は味覚じゃない

2018年08月 1日(水)

Vol.225 唐辛子の話2

Vol.225 唐辛子の話2

2018年07月25日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。