Vol.229 激辛に注意

湯 忠立先生

2018/08/22

中国料理の中でも四川料理は辛いことで有名ですが、これは四川省の気候風土と関係しています。一年を通して高温多湿なこの一帯では、辛い料理を食べることで体内の新陳代謝を活発にさせる必要があったので、この土地特有の料理が生まれたのです。
 
ところが日本では元来、唐辛子のような辛いものを食べる習慣がありませんでした。辛味としてはワサビやカラシ、胡椒を薬味や香り付けに使う程度で、どちらかといえば甘い味を好んでいました。これも日本の気候風土に適した味を求めていたためでしょう。
 
これまで辛いものを食べなれていない人が、急に激辛な食品を大量に食べると、その強い刺激で胃の粘膜を傷つけ胃炎を起こす原因となることもあります。また辛味中毒になると、本来の味覚が衰えてしまい、遂には味覚障害に陥ってしまいます。すると、より味の濃いものを食べるようになり、糖分や塩分も摂りすぎてしまうことになります。さらに、気管にも影響を与え息切れや喘息を引き起こしたり、最悪の時は窒息死する危険もあります。
 
激辛食品はクセにならないよう、食べすぎに注意しましょう。

180804.jpg
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

東洋医学的暮らし方最新記事

Vol.240 免疫力4

Vol.240 免疫力4

2018年11月 7日(水)

Vol.239 免疫力3

Vol.239 免疫力3

2018年10月31日(水)

Vol.238 免疫力2

Vol.238 免疫力2

2018年10月24日(水)

Vol.237 免疫力1

Vol.237 免疫力1

2018年10月17日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。