Vol.235 五臓の話5「肝」

湯 忠立先生

2018/10/ 3

タグ
五臓
181001.JPG

臓器としての肝臓は「体内の化学工場」と呼ばれるほど多くの役割を担っていますが、中国医学では更に多くの働きがあると考えています。胆のう・筋肉・目・爪などが同じ系列に属しています。

具体的な役割としては
1.気の運動をコントロールする。
2.消化を促進させる。
3.血液の流れを調整する。
4.血液を貯蔵して、血量を調整する。
5.精神・意識活動を調整する。
などが挙げられます。

中でも1の気の運動をコントロールする働きが最も重要で、私たちの体内の活動はすべて気の運動によっているのですが、それを調整しているのが肝ということなのです。また精神・意識活動とも密接に関係していて、肝気が鬱結すると抑鬱状態になりやすく、肝気が高揚するとイライラして怒りっぽくなります。
肝がダメージを受けると同系統の目に不調が出やすくなります。充血や目のかすみなどの症状があったら、肝の異常を疑ってみてください。
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

湯先生の薬膳コラム最新記事

Vol.236 五臓の話6「腎」

Vol.236 五臓の話6「腎」

2018年10月10日(水)

Vol.235 五臓の話5「肝」

Vol.235 五臓の話5「肝」

2018年10月 3日(水)

Vol.234 五臓の話4「脾」

Vol.234 五臓の話4「脾」

2018年09月26日(水)

Vol.233 五臓の話3「肺」

Vol.233 五臓の話3「肺」

2018年09月19日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。