Vol.244 免疫力8

湯 忠立先生

2018/12/ 5

貧血の話の中で、血が不足している状態と、その循環が悪い場合を考えましたが、これも陰陽に当てはめると分かりやすいかと思います。
 
中国医学では「血」を単に血液と考えず、その働きも含めて捉えています。前に、体内の物質的なものが陰で、その働きを陽とするといいましたが、血液そのものを陰とするなら、その働きが陽になります。現代医学でも血液は
1.酸素を運んで二酸化炭素を回収する
2.栄養分を全身に運ぶ
3.病原菌を退治する(白血球の働き)
4.体温を調節する
などなど多くの役割を果たしているとされますが、中国医学では更に、精神活動や心理作用にも大きく関係していると考えています。前に陰陽の説明で、陰と陽は一つのものの二つの側面であり、その相互作用によって全ての活動が生み出されるといいましたが、血を単に物質的な血液と考えるのでなく、その働きを含めた全体として捉えていくと、例えば貧血という症状に対しても、より根本的な対応が出来るのだと思います。

181201.jpg
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

東洋医学的暮らし方最新記事

Vol.245 免疫力9

Vol.245 免疫力9

2018年12月12日(水)

Vol.244 免疫力8

Vol.244 免疫力8

2018年12月 5日(水)

Vol.243 免疫力7

Vol.243 免疫力7

2018年11月28日(水)

Vol.242 免疫力6

Vol.242 免疫力6

2018年11月21日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。