あきゅらいず

暮らしの中に欠かせないあきゅらいずのお気に入りのものたち

ミルナーナ
ミルナーナ

2016/02/23

こんにちは。ムサシノ野菜食堂ミルナーナの大上知子です。
 
乾燥が心配な冬に、たった三つのアイテムでだいじょうぶー?
と、少々不安に思いながらあきゅのシンプルケアを使い始めて約3ヶ月が経ちました。
今日は3ヶ月使ってみての素直な感想を書きたいと思います。
 
その前に、簡単にこれまでの私のスキンケアをご紹介しますね。
OL時代はバブリーな世の中だったのと、あこがれから誰もが知っている海外ブランドの化粧品、有名な美容液などを使っていました。
そんな私がナチュラルなスキンケアを使うようになったのは、子どもたちが生まれてからでした。
子どもたちを抱っこしたりほおずりしたりした時に、化粧品のにおいがするのに抵抗を感じるようになったからです。
その頃から、スキンケアだけでなく食べ物にも関心を持つようになりました。
家族が口にするものは私が毎日作っているもの。ちゃんとした材料で作られている調味料、新鮮な野菜など、毎日作る食事を真剣に考えるようになりました。
 
同時に、化粧品も自然派のものに興味をもちはじめ、この頃からナチュラルなものを使うようになっていました。
だから、今回アンバサダーのお話をいただき、あきゅの3ステップを使うことになったときも、私が使っている自然化粧品と同じような感じかなと思いました。
でも、説明してもらうと、ひとつ違っていることがありました。それはファンデーションを使わないということ。
実際に、お隣りのmima このみさんがファンデーションを使っていないと知って、ほんとうに~??
とびっくりしました。
それまではファンデーションは欠かせないもの、という固定観念があったため、お肌のためにナチュラルなファンデーションを使ってはいましたが、ファンデーションを使わないという発想はありませんでした。
さらに、あきゅらいずのホームページですっぴんの社員のみなさんを見て、ぴかぴかできれい~!!
素肌がきれいならすっぴんで過ごせる!!
あきゅらいずのシンプルケアいいかも!! って思うようになったんです。

それに、何といっても、お店を開いた時から本当にやさしく接して下さるお隣のmimaの方々。
この人たちが働く会社のスキンケアなら使ってみたいと思ったのです(笑)。
 

そして使い始めて3ヶ月。
「泡石(ほうせき)」で洗って、「優(ゆう)すくらぶ」。
もう今では、すっかり毎日のお風呂タイムでの日課になっています。もちろん、肌の調子も快調です。
s_oyasumi.jpg
最近そのお風呂タイムに加わったのが「WAZUKA」の「おやすみ美養セット」。
もうこれは本当におすすめです!!  自然の香りが最高。
「おやすみバスタイム」は、大自然の中でお風呂に入っているかのような気分になります。
リビングにもこの香りが広がればいいなあ~と思って、いいこと思いついた!足湯しよう!ということで、早速やってみました。
s_2ashiyu.JPG
わぁ~気持ちいい~。
あったかくて、じんわりとリラックスしてきて、香りも部屋中に広がっていきます。
深く深呼吸をしてゆったりとした時間を楽しんでいます。
こうして、あきゅらいずのお気に入りのものたちが、私の暮らしの中に欠かせないものになりました。
s_1ashiyu.JPG

ミルナーナのイベントいろいろ

武蔵野野菜食堂「ミルナーナ」ではワークショップ、イベントを開催しています。OPENから1年半、ちょっと振り返ってみますと〜〜〜。
●夏野菜の会
●秋、冬野菜の会s_3yasaikai.JPGs_4yasaikai.JPG●マルシェ
●ベイビーズcafe
●フェイシャルヨガとデトックスランチ
s_5kaoyoga.jpgs_6kaoyoga-lunch.jpgs_7kaoyoga-sweets.jpg●フォニックス英会話教室
●英会話
●ウクレレ
●タイ古式ヨガ
●ハッピーシニア祭りs_8happy-shinia.jpg●子どもに片付けなさいという前の仕組み講座
●ガレージセール
s_9garege.jpg
●Enchantic Enchantillyお野菜ランチ会とお茶会 
●キューバナイト Live in Miluna-nas_10cuba.jpgs_11cuba.jpg

並べると、わぁ〜〜いっぱい!と感激!! 
 
今後もビートルズナイト、ガレージセール、お茶会などのイベントを予定しています。
 月に1回営業時間前に英会話レッスンもやっているんっですよ。。
 
少人数でアットホームな雰囲気のワークショップ、イベントなどに興味がある方、参加してみたい方は
お気軽に相談くださいね〜。

ミルナーナは、ごはんを食べていただく事はもちろん、大人が遊んだり、学んだり、感動したり。
そんな場所になっていきますよ〜〜☆ 
ミルナーナ

この記事の投稿者

ミルナーナ

ユニット「ミルナーナ」:廣田聡子(52歳)/2014年6月にムサシノ野菜食堂 miluna-na(ミルナーナ)をに立ち上げる。とにかく野菜が大好き。地元の生産者さん達と知り合い、現スタッフの大上さんと出会い、これはタイミングでしょ〜!お野菜を沢山食べれるお店をつくっちゃえ〜!!ということで、武蔵境の南の住宅街にお店をOPEN。
大上知子(49歳)/家族揃って美味しいものには目がない。くいしんぼう。身につけるものも、口に入れるのも自然派である。
その他、個性的なスタッフと共に「miluna-na」はゆっくり発展中。