あきゅらいず

秋の装い【玉粉肌】

内藤

2014/10/ 2

みなさま、ご無沙汰しておりましたが、お元気でしたか?
あきゅらいずの上沼恵美子こと内藤です。
 
息子の学校では昨日(10/1)が衣替えでした。
つられて、まだ半袖で上等よぉ~なんて思いつつ私も秋の装いをしています(-_-;)
「秋の装い」と言えば、ちまたでは…
  <2014年秋冬メイク>
  <2014年秋冬メイクのトレンド>
  <秋冬メイク 今年のカラー> などなど
TVやネット、雑誌でたくさん見かけるようになりましたね。
でも、スタッフ全員が『すっぴん』のあきゅらいずでは、
あまり話題にならないニュースです。
 
しかし…
『すっぴん』の味方
『塗りスギ』ないお肌へ
『隠すため』ではなく『素肌が素肌でいられる』お粉
【玉粉肌(たまごはだ)】があきゅらいずにはあります。
 
その魅力を「ものづくりの現場から」お伝えします!
 

【玉粉肌】誕生ストーリー

お客様より
「いきなりすっぴんはちょっと・・・」
「ファンデーションから卒業できない」
「赤ちゃんが生まれて、抱っこした時に頬に安心して触れあえるものがほしい」
というお声を受けて、代表南沢はフェイスパウダーを作ることを思いつきました。

『あきゅらいずにしか作れないお粉って??』と考えた時
絶対に譲れないことがありました。

それは…

お肌にやさしいものであること。
「洗いスギ」にならないような石けんで落とせる軽いものであること。
 
そうして出来上がったのが
お米とトウモロコシが主成分の【玉粉肌】でした。
デンプンがぎゅっとお肌の水分をつかまえて潤いを保ちつつ
コーンスターチがサラサラふわっとしたテクスチャーに仕上げます。

s_blog.png
この特長を保つために考えに考えて選んだ容器はちょっと変わった形状をしております。
【玉粉肌】はお肌の潤いを離さないという利点の裏側で、
湿気を含みやすいという弱点があります。
また、お肌へのやさしさを考えたために防腐剤を使用しておらず、
極力空気に触れることを抑えられるように口の小さな試験管のような筒を選びました。
これもまたものづくりへのこだわりです。

s_tamagohada_mainimg01.jpg【泡石(ほうせき)】の泡立て洗顔で洗い流すことができるので、
「洗いスギ」ることもございません。
微細なパウダーが肌のキメを整えて毛穴を目立たなくしてくれます。
時間の経過とともに皮脂となじみ肌にツヤがでてきます。
こうして、【玉粉肌】は美養品の仲間入りをしました。

新カラー「ナチュラルベージュ」の誕生

あきゅらいずに入社した私も、すぐにはすっぴんで出社することができず
最初はリキッドファンデーションに玉粉肌を使っていました。
いつも昼頃になるとベタベタしていた肌がさらっとしていて、
その時の気持ちよさは今でも覚えています。
そして、スタッフみんなが「すっぴん」ということや
「すっぴん」で過ごすことの気持ちよさにも気づき
入社後約1カ月でファンデーションを手放し、玉粉肌だけで出社できるようになりました。
その頃から色白ではない私にピッタリのカラーがあったら
もっと熱狂的な玉粉肌ファンになるな(^_-)-☆
いつかは新カラ-を作りたいなって思っていました。
その当時は現在の“ナチュラルホワイト”1色のみでしたので
お客様からも同様の要望をたくさん頂戴していました。
 
そして、その時が来たのです!
「どうしても、新しいカラーの【玉粉肌】を作りたいです!許可してください!!」
「実は…もうここに試作がありますので、使ってみてください!」
と社内会議で代表に直談判しました。
玉粉肌ファンのスタッフ数名に声を掛けてこの日のために着々と準備を進めておりました。
こうして配合成分(原料)を変えず、配合比率を少し変えるだけで“ナチュラルホワイト”より
少し落ち着いた色味の“ナチュラルベージュ”が出来上がりました。
“ナチュラルベージュ”を販売開始して約1年半。
たくさんの嬉しいお声をいただいております。

本当にありがとうございます。
 

内藤直伝!【玉粉肌】オススメの使い方!

最後に私のこだわりの使い方をご紹介しますね。
①お出かけ時
息子の参観日や夫の付き添いで出かける時には、Tゾーンにはナチュラルホワイトを
その他にはナチュラルベージュの2色使いをしています。ナチュラルホワイトがハイライトの役目をしてくれるのです。
 
②手をキレイに見せたい時
手は年齢を表します。50歳を過ぎた私の手の甲は明らかに若い頃とは違います。
でも、【秀(しゅう)くりーむ】を塗布した後にササッと玉粉肌をつけるとキメが整い綺麗に見えます。
 
③肌の色味に合わせる時
ナチュラルホワイトとナチュラルベージュを混ぜて使います。
混ぜる比率を変えると微妙に色味が変わるので、肌色や体調に合わせて使っています。
 
是非みなさまもトライしてみてください。
 
次回は、玉粉肌の相棒でもある【大福パフ】と【パフポーチ】のものづくり現場を
お伝えします。こちらも開発担当でしたので、語りますよぉ(^^♪
お楽しみに~
 
 
*********************************************
南沢典子プロデュース すはだの学校 開校!
9/1(月)より申込み受付スタート!
https://suhada.akyrise.jp/
*********************************************

この記事の投稿者

内藤

商品チーム

あきゅの美養品の中で一番のお気に入りは「優すくらぶ」季節や気分に合わせて香りを使い分けています。/趣味は「工場見学」。まだまだのびしろがあると信じて止まない50代。