あきゅらいず

「手作りリップクリーム」ワークショップを行いました!

篠塚

2014/12/11

こんにちは、あきゅらいずの篠塚です。
12月に入り、東京では朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。
最近では会社の前の街路樹が冬支度のために落とした葉っぱを掃除することが日課になっています。
 
本日は、『すはだの学校』の講座のひとつとして11/22、11/29、12/6に行った
「手作りリップクリーム」ワークショップについてご報告します。
講師は、私を含めたモノづくり集団の「商品部」のメンバー。

DSC_1708.JPG
リップクリームの内容は、実に簡単!
みなさまお馴染の「ミツロウ」、「シアバター」、「スクワラン」をベースに
今回のワークショップに参加された方のためにご用意したあきゅらいずならではの原料
「シコンエキス」と屋久島の地杉の葉より採取した精油「スギ葉油」を配合させていただきました。
とくに「スギ葉油」はこの日のためだけに抽出してもらったものを使いました!(やわら香

shashinshashin.JPG
          <写真:さわやかなスギの葉の香りでほんのりピンク色のリップクリーム>
 
講義と実技の両方を約1時間の間でこなしていただくハードスケジュールにもかかわらず、
みなさん楽しみながら真剣に取り組んでいただきました。


DSC_1455.JPG
普段はお客様と接することがないものづくりメンバー。
原料選びから資料づくり、そして、複数回のリハーサルと緊張しつつもお客様の笑顔を想いうかべながら準備を進めてきました。
なので「面白かった」や「久しぶりにビーカーを触った」など嬉しいお声を直接いただいたり、
「すごく良かった」とアンケートに書いてくださったり、
メンバー一同「本当にやって良かった」とホッと安堵の胸をなでおろしております。
この貴重な体験を今後に役立てたいと強く感じた瞬間でもありました。
 
ところでなぜワークショップでつくるものとして今回「リップクリーム」を選んだのでしょうか(参加された方はお分かりだと思いますが)?
それは、「すはだの学校」ではスキンケアは2割、暮らしや食事が8割という「2:8の法則」についてお伝えしました。
お顔の表情、好印象を作るのは「2割が愛嬌、8割が眉毛」また、若々しさ、はつらつさを見せるには「2割が元気、8割が艶」で決まります。
そこで、「唇に艶を出すリップクリームづくり」を行うことで艶々した唇で元気にすごしてくださっていただけたらいいなと考えて選びました。
 
最後に完成したリップを見てみなさま笑顔になっていただけとてもうれしかったです。
 
 
今年も残りわずかですがどうぞ体調を崩されませぬようご自愛ください。
 
篠塚
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事の投稿者

篠塚

商品チーム

お気に入りは「きのね シャンプー/しっとり」。毎日使ってます。/毎週週末はプールで泳いでます。