あきゅらいず

美養品の色味って?

内藤

2015/04/23

2ヵ月ぶりの登場となります「ものづくりの現場から」の
現場監督 内藤です。
 
前回ブログを書いた頃は春が待ち遠しかったのに
今は春を通り越して初夏のような気温になっています。
そして、東京では20%台であった湿度もいつの間にか50%以上になってきています。
こうして季節は巡り、私たちの想像を超えたスピードで
自然環境が変化してきているのを感じています。
 
この変化に大きく影響を受けているものが「ものづくりの現場」にはあります。
何だと思いますか?
そうです!!ご存知の方はたくさんいらっしゃるかと思います。
美養品(商品)を作るために使われる原料です。
もちろん全ての原料が影響を受けるわけではありませんが
私たちの「ものづくり」には、この自然環境の影響を受けることもあるのです。
 
あきゅらいずの大切な原料であり、
自然の影響を受けて育つ東洋ハーブから
作り出される『草根木皮(そうこんもくひ)たまり』の色味について
今回はお話したいと思います。
 
まさしく今、お客様にお届けしている
「秀(しゅう)くりーむ」「優(ゆう)すくらぶ」「たまりシャンプー」の色味が
前のロットと比べてかなり薄くなっております。
このことで、「前の色と全然違うんだけど大丈夫なの?」と不安になっているお声や
「ちゃんと品質管理しているの?」という厳しいお声を頂戴しております。
このようなお声を伝えてくださることに本当に感謝しております。ありがとうございます。
私たちの美養品のことを愛してくださっているのだと感じることができるからです。
 
まずはこちらの写真をご覧ください。
長年ご愛用をいただいておりますお客様から頂戴したお声の原因となっている
美養品がこの「秀くりーむ」です。
同じ「秀くりーむ」ですが、こんなにも色味が違うのです。

秀くりーむ(濃淡).JPG
この違いの原因が『草根木皮たまり』の色味なのです。
但し、『草根木皮たまり』自身の色味は一見すると変わりません。

たまり原液.JPG
この『草根木皮たまり』を「秀くりーむ」に入れた状態
つまり、お顔に塗布するのに適したように希釈するとこのようになります。(同じ希釈割合です)

たまり希釈濃淡.JPG

この差が「秀くりーむ」の色味の差となって現れてきます。
 
『草根木皮たまり』は10種類の東洋ハーブから作られています。

東洋ハーブ.png

同じ東洋ハーブでもそれぞれの収穫時期によって出来上がるたまりの色味は異なります。
10種類という複数の東洋ハーブを使っているために、
ある時は赤味が強かったり、ある時は黄色味が強かったりとバラつきが出るのです。
事実、あきゅらいずにて保管している過去6年間の「秀くりーむ」の色には
このように濃淡があり、全く同じ色はございません。
現在お届けしている「秀くりーむ」(一番左)の色味は、4~5年前のもの(右から2、3番目)と似ています。
※容器が変更しているため、若干中身の色味の差が分かりづらいかもしれません。

秀くりーむ(6年分).jpg
ものづくりにこだわっているあきゅらいずでは、
古くから伝わる【水抽出法】でじっくりと抽出することにこだわり、
この方法を重要視しているため、色味を均一化するための着色剤を使用することは
行っておりません。
 
そのため『草根木皮たまり』を配合している
「泡石(ほうせき)」「優すくらぶ」「たまりシャンプー」においても
「秀くりーむ」同様に色味が変わってしまいます。
 
ものづくりに関わっている私たちは、色味に差がでることを当たり前と捉えてしまっていました。
しかしながら、お客様にとっては、購入した美養品が届くたびに色味が変わっていたら
品質管理ができていないと思われることこそ当たり前のことです。
何を大切にしているのか、変化があった場合にはどのようにお伝えするのか、
今後はしっかりと対応できるように努めてまいりたいと思います。
 

このたび、新しい『3ステップシート』が完成いたしました。
よりキレイなすっぴんになるためのポイントがまとめられている
3ステップ(泡石→優すくらぶ→秀くりーむ)の使い方シートです。
まずはこちらに色味に違いがあることを明記いたしました。
この新シートがほしい!!という方は是非お問合せください。
すぐに送付させていただきます。
◆お問合せ先◆
お電話:0120-205-114(月~土 9時~18時、日祝休)
WEB:https://es.akyrise.jp/contact/index.cgi
 
今回はとっても長くなりましたが、ものづくりの担当部署責任者として、
ブログでお伝えしたかったのです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。





この記事の投稿者

内藤

商品チーム

あきゅの美養品の中で一番のお気に入りは「優すくらぶ」季節や気分に合わせて香りを使い分けています。/趣味は「工場見学」。まだまだのびしろがあると信じて止まない50代。