あきゅらいず

『いろのは』完成までの長き道のり<前編>

内藤

2016/12/ 8

みなさま、お元気ですか?

「ものづくりの現場から」ブログの現場監督 内藤です。

 

我が家の前の通りはケヤキ並木となっているのですが、

木によって、日当たりによって、緑色、黄色、赤色、橙色と混在していて

まさにこの季節の風景となっています。

 

さてさて、今回のテーマですが、やはりこれしかありませんね。

11月25日に販売開始されたあきゅらいずのメイク養品「いろのは」。

すでに発案から2年以上もの月日を費やし、やっと商品化できたのです。

次から次へと押し寄せる課題に、一時は販売は無理かも・・・と

何度も頭を抱えました。

でも、諦めなかった。諦め切れなかった。

それは・・・

 

「すはだの学校」の裏方として参加させてもらったときのこと。

「いろのは」(その当時は「第三の化粧品」と呼んでいた)の試作品を使ったお客様が

あまりの感動に涙されたのを間近で見たからです。

お肌にトラブルを抱えていて、外を歩くときもうつむき、鏡を見るのも嫌だとおっしゃっていました。

弊社代表の南沢が、このお客様に試作品を使って『すっぴんメイク』を施した後

初めて鏡を見たお客様は、一瞬にして笑顔になりました。

「こんなにも変わるなんて!元気に見える!私、明るい!」と。

その後、言葉にならず泣いていました。

そう、嬉し涙の号泣です。

今でもそのときの様子が目に焼き付き、忘れることができません。

 

この方のようにすはだに悩みがある方、隠すためにファンデーションが手放せない方など

日本全国にいる悩みを抱えている方々に

自信を持っていただきたい!毎日を笑顔で過ごしていただきたい!と

強く思いました。

だからこそ、どんなに苦難が続こうとも諦めることはありませんでした。

 

そして、ようやく「いろのは」シリーズがお客様にお披露目するときが来ました。

 

「いろのは アイブロー」

「いろのは フェイスカラー」(ブラウン/ピンクとブラウン/レッドの2種)

「いろのは リップカラコンディショナー」

以上、3品が現在の「いろのは」ファミリーです。


ironoha_blog_161208c.png

私は、商品を製造してくれる工場や化粧箱という外装パッケージ、配送用のパッケージを

作ってくれる工場との交渉が主な業務でした。

その中で、ここに至るまでにどんな苦難があったのかを振り返りたいと思います。

 
 

<色味が決まるまで>


ironoha_blog_161208a.JPG

3品の内、一番大変だったのは『フェイスカラー』です。

当初は「チークカラー」として開発を行っていたので

世の中にあるたくさんのチークを購入し、スタッフみんなに試してもらうことから始まりました。

この色がいい、あの色がいいとみんなバラバラでした。

まず、試作したのは、5色のチークカラーでした。

しかしながら、チークは本来ファンデーションで肌ムラを均一にさせてから使用するものなので

そもそもすっぴんには合わないのでは!?

私たちがつくりたいものは、シミやそばかす、くすみなどを隠さずになじませ、

お顔の血色をよく見せ、雰囲気を明るく変えることができるもの。

一般的な頬だけに使用するチークではなく、お顔全体に使用することができるフェイスカラーとして

悩みを目立たなくできるスーパーカラー「ブラウン」をメインに、その後、試行錯誤の末に

ピンクとレッドが加わった3色に絞られました。



こちらは、『リップカラーコンディショナー』の試作品の一部です。


ironoha_blog_161208b.JPG

『フェイスカラー』と比べると、早い段階で色味が決まりました。

初めはツヤが出て、保湿できる「リップクリーム」をイメージしていましたので

透明のサンプルを作りました。

しかし、悪くはなかったのですが、誰にでも合うという優れものにはならず

『フェイスカラー』同様、スーパーカラーの「ブラウン」系で試作すると

こだわりたかった「カラーコンディショナー」が出来上がりました。


 

<ふんわり仕上がりにできあがるまで>
 

最初はお肌に負担が少なく、石けんで落とせる「玉粉肌(たまごはだ)」と同じ

パウダータイプの「アイブロー」「フェイスカラー」を作りました。

が、とにかく色付きや発色が悪く、「玉粉肌」に重ね付けすると乾燥するという

悪いことだらけ。

次に、こだわりの「玉粉肌」ベースは変えず、プレストタイプの試作にチャレンジしたら

すぐに割れたり、色味が出なかったり、ふんわりとした柔らかい付け心地にならなくて…断念。

結局振り出しに戻る?と行きつ戻りつを繰り返し、

その都度新たな課題を解決しなければならなくなりました。

「玉粉肌」の主成分であるお米ととうもろこしのデンプンを配合し、

その他の原料も旧表示指定成分、鉱物油、合成香料、合成色素、食品アレルギー

特定由来原料を使用しない、肌にやさしい成分で構成することは外さず、

肌なじみによい「リップカラーコンディショナー」にも配合したシアバターを使って

遂に理想の状態が完成しました。

が、実はこだわりを諦めきれなかった故に弱点を残すことになりました。

これを解決するために更に苦難に立ち向かうことになったが

パッケージです。

 
 

盛りだくさんの長き道のりなので、今回はここまで。

 

次から次へと押し寄せる課題を乗り切った様子を少しでもお分かりいただけたでしょうか?

完成するまであと少しと思っていたのですが

最終の難関が待ち受けていました。

 

次回まで、楽しみにお待ちくださいませ。

 
 

 

  • いろのは
    すはだに使えるポイントメイクセット

    【限定数300個】いろのは フェイスカラー&アイブロー(ブラウン/ピンク)通常価格7,800円(税込)→ 600円OFF
    【セット内容】いろのは フェイスカラー(ピンク) 4.8g/いろのは アイブロー (ブラウン)1.5g

    7,200(税込)

    すはだに使えるポイントメイクセット

    【限定数500個】いろのは フェイスカラー&アイブロー(ブラウン/レッド)通常価格7,800円(税込)→ 600円OFF
    【セット内容】いろのは フェイスカラー(レッド) 4.8g/いろのは アイブロー (ブラウン)1.5g

    7,200(税込)

    いろのは フェイスカラー

    いろのは フェイスカラー(ピンク)【セット内容】いろのは フェイスカラー(ピンク) 4.8g

    4,900(税込)

    いろのは フェイスカラー

    【限定数1,200個】いろのは フェイスカラー(レッド)【セット内容】いろのは フェイスカラー(レッド) 4.8g

    4,900(税込)

    アイブロー

    【限定数2,000個】アイブローいろのは アイブロー (ブラウン)1.5g

    2,900(税込)

    いろのは フェイスカラー 専用ブラシ

    いろのは フェイスカラー 専用ブラシ熊野筆(山羊毛) 全長約 15cm

    4,800(税込)

    いろのは アイブロー 専用ブラシ

    いろのは アイブロー 専用ブラシ熊野筆(ウォーターバジャー) 全長約 13cm

    2,200(税込)

この記事の投稿者

内藤

商品チーム

あきゅの美養品の中で一番のお気に入りは「優すくらぶ」季節や気分に合わせて香りを使い分けています。/趣味は「工場見学」。まだまだのびしろがあると信じて止まない50代。