あきゅらいず

時間をやりくりしながら手に入れた理想のお肌になるための3ヶ月間

すふふ編集部

2021/10/ 1

2021年のアンバサダー企画は、あきゅ歴の浅いビギナー様を選出し、なんと3ヶ月間の短期集中型で挑みました。
家事と育児で慌ただしい日々を送る二児のママ、高木様。なかなか自分だけの時間が作れないなかでもリズムを崩すことなく、時間をやりくりしながらできることを見つけて実践してくださいました。忙しい毎日の中でのお肌変化の裏にはやりくり上手な生活の工夫がありました。

【すふふアンバサダー2021 高木ひろこ様(仮名:34歳)あきゅ歴8ヶ月
DSC_1461.JPG
「今日、肌の調子がいいわ~」と言うと、上の子(4歳・男の子)が「ママ、今日キレイだね!」って主人をマネるように励ましてくれます(笑)。

朝のお手入れと食事時間を見直したら、1ヶ月で変わりました

結婚して6年目、家族の協力のおかげで楽しみながらお肌磨きすることができました。あきゅらいずの「お試し詰合せ」と頼むときも主人に相談しました。アンバサダーに応募するときも、選ばれたときも「3ヶ月は結構長いと思うけど、頑張りなよ」と応援してくれました。

いざアンバサダー生活が始まると、私はダメなところに目がいってしまうのですが、主人は良くなったところや私の頑張りを褒めてくれました。主人に応援してもらえたからこそ、アンバサダーをやり遂げることができたと思っています。

家には4歳と2歳の男の子がいます。上の子は幼稚園に通い、下の子は私とステイホーム中です。子どもたちが目を覚ますのは朝5時過ぎ。その後は駆け足で時間が過ぎていくので、朝時間のない時は、素洗いのみで済ませていました。
今回のアンバサダーをきっかけに、料理や洗濯などを前日の夜に済ませるなどして、朝のお手入れ時間を15分でも作るよう見直しました。

並行して、夜の食事時間を見直すことにしました。
アンバサダーになりたての頃は、主人の帰宅にあわせて夜10時以降に主人と食事を摂っていましたが、トレーナーさんから「遅い時間に食事を摂ると胃腸に負担がかかり、結果お肌にも影響がでやすくなります。消化する前に寝てしまうとさらに負担が大きくなります」と聞いたので、子どもたちと一緒に夕方5時半に食べるようしたら、体調が良くなりました。

この二つを約1ヶ月続けたところ、肌に変化が現れました。
いつも顎にできていたニキビや吹き出物ができにくくなり、それに伴って肌の凸凹や小鼻の横、口元のザラつきも気にならなくなりました。

また、洗顔時や「秀(しゅう)くりーむ」をつけるときに余計な力が入っていたり、顔を触るクセがあることをトレーナーさんに気づかせてもらったことも、良い結果につながっていると思います。

日中だけでなく、就寝前の保湿も大切

DSC_1409.JPG
私の肌を見て、その都度トレーナーさんが最適なお手入れ方法を提案してくださいました。顔を触ってしまうクセやお手入れの際に力が入ってしまうことも教えてもらいました。オンライン講座に対する不安がないわけではなかったのですが、終わってみれば、「対面」との違いが見つからないくらい、満足しています!
 
いま、気をつけているのは、「保湿」です。
トレーナーさんに、「保湿が足りない」と言われたときは、朝晩10プッシュつけているので原因がわからなかったのですが、よくよく考えると、子どもとお風呂に入る午後4時頃に夜のお手入れをしていたので、夜のお手入れから就寝するまで約8時間経っていることに気づきました。「これが乾燥の原因だったかもしれない」と思い、それからは寝る前に「保湿」をするようにして、乾燥していると思ったら、その都度保湿しています。

お肌のちょっとした変化がわかるようになりました

アンバサダーになって、お肌に対する意識がガラッと変わり、自分の肌を鏡で見ることや観察することが日課になりました。その中で、「秀くりーむ」がす〜っと入っていく(※角層まで)日もあればそうでない日もあることなど、お肌のちょっとした変化がわかるようになりました。


「丁寧なお手入れと丁寧な生活」を続けることで、お肌の変化を感じ、体調も整ってきました。お肌が喜ぶことは、からだも喜ぶことを実感するとともに、お肌とからだはつながっていること=「心肌体(しん・ぎ・たい)」の理論を身をもって体験しました。
これからも〝肌観察〟を継続して、肌に負担をかけない生活を送ります!

(プロフィール)
たかぎ・ひろこ様(仮名)/あきゅ歴8ヶ月/34歳。Instagramであきゅスタッフのすっぴんを見たことがきっかけで、自分もこうなりたい!と思い、アンバサダーに応募。肌観察、こまめな保湿、丁寧なケアを実践中!
 

※肌実感には個人差があります。
※あきゅ歴・年齢は取材当時のものです。
 

この記事の投稿者

すふふ編集部

編集長(konomi)とお客様窓口メンバーで結成。「全国のすっぴんすはだと笑顔のお客様に逢いに行きます!」がモットー。
取材で日本全国を駆け回り、お客様のすはだの美しさ、生き方、あきゅへの熱い想いを原動力に、Blogと会報誌『すふふ』を制作。