Vol.255 免疫力19

湯 忠立先生

2019/02/20

中国医学では、五行の理論によって人間の様々な感情と五臓の関係を体系化してきました。
 
 怒=肝
 喜=心
 思=脾
 悲=肺
 恐=腎
 
感情と内臓が繋がっているというのは意外に思われるかも知れませんが、例えば激しく怒ったときは頭に血が上るといいますね。これは肝の陽気が上昇することによると考えられます。肝は血の流れをコントロールする働きがあるので、こうした状態になるのです。また嬉しいときに心が弾むのも、喜と心が密接に関係しているからです。

190203.jpg
 
このように、その時々の精神状態は内臓の活動に大きな影響を与えています。したがって常に落ち着いた精神状態を保つことで、体内もバランスよく活動することができ、正気も強くなっていくのです。
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

東洋医学的暮らし方最新記事

Vol.266 免疫力30

Vol.266 免疫力30

2019年05月 8日(水)

Vol.265 免疫力29

Vol.265 免疫力29

2019年05月 1日(水)

Vol.264 免疫力28

Vol.264 免疫力28

2019年04月24日(水)

Vol.263 免疫力27

Vol.263 免疫力27

2019年04月17日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。