Vol.177 夏の冷え性

湯 忠立先生

2017/08/16

1708airconditioner.jpg

夏に冷え性で困っている人が意外に多いんですね。これはもちろん過冷房のせいです。

今はビルの中も電車の中も快適にしようと結構冷房をきかせていますが、これが身体にとって悪影響を与えているのです。私たちの身体の中では、寒いときに血管を収縮させて熱を逃がさないようにする交感神経と、暑いときに血管を拡張させて熱を放出する副交感神経がバランスよく働いて体温を調節しています。ところが冷房が強すぎると、熱を出してくれるはずの副交感神経が働かず、ますます体内に熱が籠ってしまうのです。そこでさらに冷房を強くするという悪循環に陥ってしまいます。交感神経は体内の活動を活発にし、副交感神経はそれを抑制する働きがあるので、これがバランスよく働いていないと何となく身体は火照っているのに手足は冷えてしまうということになります。これが自律神経失調症です。自律神経の乱れはさまざまな病気の原因となりますので、過冷房には十分注意しなければなりません。

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

湯先生の薬膳コラム最新記事

Vol.181 秋は冷えに注意

Vol.181 秋は冷えに注意

2017年09月20日(水)

Vol.180 トマトの教訓

Vol.180 トマトの教訓

2017年09月13日(水)

Vol.179 薬食同源

Vol.179 薬食同源

2017年09月 6日(水)

Vol.178 頭寒足熱

Vol.178 頭寒足熱

2017年08月23日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。