Vol.206 旬は美味しい

湯 忠立先生

2018/03/14

春になり陽気が暖かくなってくると野草や山菜が芽吹いてきますね。やっぱり旬のものは美味しいと感じられる季節になります。旬のものが美味しいというのは、その時季に味が良くなるからということもありますが、実は私たちの体内の活動に適していることが、もっと大事な理由なんです。
 
春は冬の眠りから目覚めて、いよいよ大自然も活動を始めるという雰囲気に満ちてきます。私たちの体内でも同じように活発に活動が始まります。フキノトウやタラの芽、筍といった「サァーこれから伸びていくぞ」というエネルギーに満ちた食材を食べることは、私たちの活動力を充分に補うことになるのです。

180302.jpg
 
人という存在も、大自然の中にあって、大自然の恵みを貰って生きているということを一番実感できるのもこの季節だといえますね。
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

湯先生の薬膳コラム最新記事

Vol.221 体内の「湿」の有無の判断法1

Vol.221 体内の「湿」の有無の判断法1

2018年06月27日(水)

Vol.220 梅雨の養生法3

Vol.220 梅雨の養生法3

2018年06月20日(水)

Vol.219 梅雨の養生法2

Vol.219 梅雨の養生法2

2018年06月13日(水)

Vol.218 梅雨の養生法1

Vol.218 梅雨の養生法1

2018年06月 6日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。