Vol.148ニンジンの葉

湯 忠立先生

2017/01/11

ニンジンは根を食べるもの、そう思われている方が多いでしょうが、実は葉の部分も栄養がいっぱいなんです。

しかも驚くことに根の栄養価と比べてみると、ビタミンAは2倍以上、たんぱく質は3倍、カルシウムは5倍、その他、脂質、ビタミンE、カロテン、鉄分、どれも葉のほうが豊富に含んでいるんです。

ninzinnoha.png
 
冬は日に当たる時間が短く、体内のビタミンDが不足しがちになります。
また尿の量が増えるので、無機塩類も大量に失われてしまいます。

こんなときにはカルシウムを充分に補充しなければなりません。
ニンジンの葉は、カルシウム不足を補うには最適の食材なのです。

さらに一人分の量で、一日に必要なビタミンAとKが摂れるほか、ビタミンCは55%、葉酸は27%にも及びます。
一般のスーパーなどではなかなか葉付きの人参は見かけませんが、もし見かけたら是非葉ごと使うようにしましょう。

ただし他の野菜と同じで、ビタミン類は消失しやすいので、さっと茹でるくらいが良いでしょう。

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

湯先生の薬膳コラム最新記事

Vol.153 人と動物の違い

Vol.153 人と動物の違い

2017年02月15日(水)

Vol.152 春を食べる

Vol.152 春を食べる

2017年02月 8日(水)

Vol.151 春は五辛で

Vol.151 春は五辛で

2017年02月 1日(水)

Vol.150 アミノ酸の働き

Vol.150 アミノ酸の働き

2017年01月25日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。