Vol.170 夏は苦味

湯 忠立先生

2017/06/28

前回、五味にはそれぞれ対応する五臓があるとお話ししましたが、苦味と「心」についてもう少しお話ししましょう。
 
苦味には熱を冷ます作用や消炎作用があります。そして「心」の働きを助けるので、循環器系統の活動を活発にします。ということは、夏の暑さで体力が消耗したとき、体内の熱を下げて血液の循環を良くするので、疲労回復にも役立つことになります。
 
ゴーヤ(苦瓜)、アスパラ、緑茶などが代表的なものですが、こうした食材は正に夏にうってつけといえます。「苦いのはどうも・・・」という方もおられるでしょうが、夏こそ苦味で暑さに負けない体力作りをしましょう。

gooya1706.jpg

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

湯先生の薬膳コラム最新記事

Vol.171 食物の働き

Vol.171 食物の働き

2017年07月 5日(水)

Vol.170 夏は苦味

Vol.170 夏は苦味

2017年06月28日(水)

Vol.169 五味と五臓

Vol.169 五味と五臓

2017年06月21日(水)

Vol.168 味の働き

Vol.168 味の働き

2017年06月14日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。