Vol.254 免疫力18

湯 忠立先生

2019/02/13

中医養生学の基本原則の二つ目は、「精神の調養」ということです。中国医学では、心と身体は密接に関係し、人間の精神活動も身体活動の一つと捉えているので、精神・心理の在り方は生理活動に大きな影響を与えていると考えています。

190202.jpg
 
現代はストレスによる体調不良を訴える人が急増しています。検査しても異常は見つからないのに、確かに症状があるというケースが多く見られますね。近年では現代医学でも、いわゆる心身症の治療が心療内科によって行われるようになりましたが、中国医学では2千年以上前から心と身体の関係に注目し、こうした症状は臓器や器官そのものの異常ではなく、その機能に問題があると考えたのです。前にお話しした陰陽に当てはめると、陰(臓器や器官そのもの)でなく陽(その機能)が衰えていることになります。このように「病気を診るのではなく、病人を診る」という全人的な治療法がとられていたのです。
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

東洋医学的暮らし方最新記事

Vol.266 免疫力30

Vol.266 免疫力30

2019年05月 8日(水)

Vol.265 免疫力29

Vol.265 免疫力29

2019年05月 1日(水)

Vol.264 免疫力28

Vol.264 免疫力28

2019年04月24日(水)

Vol.263 免疫力27

Vol.263 免疫力27

2019年04月17日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。