Vol.259 免疫力23

湯 忠立先生

2019/03/20

中医養生学では食事時間だけでなく、食べ方にも注意が払われています。同じものを食べても、それが本当に栄養になるかどうかは、食べ方によっても違ってくるというのです。私たちの心と身体は一つながりだという考えが基本なので、料理を楽しみながら、そして美味しいと感じながら食べれば、間違いなく身体を養うことになります。逆に悩みや心配事があって食事も咽喉を通らないというときは何を食べても充分な栄養補給になっているとは言えません。食事の時は気分を切り替えて、楽しく、美味しく食べるようにしなければならないのです。

190303.jpg
 
どうすれば美味しく、楽しく食べられるか、これは薬膳料理の中でもさまざまに工夫されています。例えば、きれいに盛り付けて見た目を良くしたり、料理の名前にも食欲をそそるような配慮がなされています。テレビを見ながら、また仕事をしながらでは、食事そのものを楽しむことは出来ません。食べるときは食べることに集中することが大切なのです。
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

東洋医学的暮らし方最新記事

Vol.268 免疫力32

Vol.268 免疫力32

2019年05月22日(水)

Vol.267 免疫力31

Vol.267 免疫力31

2019年05月15日(水)

Vol.266 免疫力30

Vol.266 免疫力30

2019年05月 8日(水)

Vol.265 免疫力29

Vol.265 免疫力29

2019年05月 1日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。