Vol.168 味の働き

湯 忠立先生

2017/06/14

spoon1706.jpg

私たち人間は味覚を持っているので、「これは美味しい!」とか「これはまずい!」と感じることができますね。でも薬膳では、「味」はただそれだけのものではないと考えています。薬膳では味覚を、酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味の五つに分けていますが、味覚それぞれに独自の作用があるとしているのです。
 
酸味:粘膜を保護する
苦味:熱をさます
甘味:養分を補給する
辛味:体を温める
鹹味:他の四味を中和させて吸収しやすくする
 
こうした「味の働き」を活用するのも薬膳の大きな特徴といえるのです。
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

湯先生の薬膳コラム最新記事

Vol.170 夏は苦味

Vol.170 夏は苦味

2017年06月28日(水)

Vol.169 五味と五臓

Vol.169 五味と五臓

2017年06月21日(水)

Vol.168 味の働き

Vol.168 味の働き

2017年06月14日(水)

Vol.167 嫌いなものは食べなくても良い

Vol.167 嫌いなものは食べなくても良い

2017年06月 7日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。