Vol.178 頭寒足熱

湯 忠立先生

2017/08/23

中国医学では、私たちの体内の活動を「陰と陽」と捉えて、そのバランスが良いときが健康な状態だと考えています。そして陰の中心は「腎」、陽の中心は「心」として、腎の陰気は上に昇り、心の陽気は下に降って陰陽のバランスを調えているとしています。ところがこのバランスが崩れると、陰気が上に昇らずに上半身がノボセたり、陽気が下に降りずに足先が冷えたりしてしまいます。
 
昔から健康法として「頭寒足熱」ということが言われていますが、心臓は全身に血液を送る大事な器官ですから、一番遠い場所にある足を温めることで全身に血液が行き渡りやすくなって心臓の働きを助け、また頭を冷やすことで陰気の上昇を促すということなのです。また頭寒足熱で陰陽バランスが調うと自律神経の働きも調整されるので、リラックスして頭もスッキリという効果も期待できます。

1708uchiwa.jpg
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

湯先生の薬膳コラム最新記事

Vol.181 秋は冷えに注意

Vol.181 秋は冷えに注意

2017年09月20日(水)

Vol.180 トマトの教訓

Vol.180 トマトの教訓

2017年09月13日(水)

Vol.179 薬食同源

Vol.179 薬食同源

2017年09月 6日(水)

Vol.178 頭寒足熱

Vol.178 頭寒足熱

2017年08月23日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。