Vol.205 独活(ウド)について

湯 忠立先生

2018/03/ 7

180301.jpg

特有の香りとシャキッとした歯触りが独特のウドは春野菜の代表の一つと言えますね。日本でも古くから食べていたようで、奈良時代の遺跡から「独活」と書かれた木簡が見つかっています。1本の茎が風にも揺るがず、まっすぐ伸びているところからその名が付いたといわれています。ウコギ科タラノキ属の多年草で、若葉や芽、茎の部分を食用にしています。
 
漢方薬にも使われていますが、この場合は「独活」と書いて「どっかつ」と読みます。こちらは根を乾燥させたものです。性質は、温、辛・苦で、発汗、解熱、鎮痛、抗炎症、利尿などの作用があり、血行を良くして身体のコリや痛みを和らげる効果があるので、リュウマチや関節痛の治療に使われています。
「独活の大木」というと身体ばかり大きくて役に立たない人という悪いイメージがありますが、本来のウドはなかなか捨てたものではありませんね。
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

東洋医学的暮らし方最新記事

Vol.240 免疫力4

Vol.240 免疫力4

2018年11月 7日(水)

Vol.239 免疫力3

Vol.239 免疫力3

2018年10月31日(水)

Vol.238 免疫力2

Vol.238 免疫力2

2018年10月24日(水)

Vol.237 免疫力1

Vol.237 免疫力1

2018年10月17日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。