Vol.242 免疫力6

湯 忠立先生

2018/11/21

不足しているもの(虚)を補えば「正気」は正常な状態になるのですが、それでは「虚」とは何でしょうか。中国医学ではこの状態を「虚証」(「証」はその時の状態を表すと考えてください)と呼んでいます。

181103.jpg
 
ひと言で虚証といっても、その症状はさまざまです。一般的に、疲れやすく気力が出ないなどという特徴があります。大きく分けると虚証には2つの種類があります。陰陽を基礎とする中国医学では、陽=気=熱、陰=血・津液=寒と分類しますので、
1.陽気が不足して相対的に陰(寒)が強くなった「虚寒証」
2.陰液が不足して相対的に陽(熱)が強くなった「虚熱証」
この2つが基本的な虚証のタイプになります。
(陰陽がバランスを崩すことで、陰陽ともに衰える「陰陽両虚」という場合もあります)
 
こうして見ると、免疫力を高める(=「正気」を強くする)といっても、その人その人によって、何を補えば良いかが異なることが解りますね。
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

東洋医学的暮らし方最新記事

Vol.260 免疫力24

Vol.260 免疫力24

2019年03月27日(水)

Vol.259 免疫力23

Vol.259 免疫力23

2019年03月20日(水)

Vol.258 免疫力22

Vol.258 免疫力22

2019年03月13日(水)

Vol.257 免疫力21

Vol.257 免疫力21

2019年03月 6日(水)

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。