Vol.282 中医学と美肌4 本当のデトックス

湯 忠立先生

2019/08/28

栄養学の観点でいうと、「人体を構成する蛋白質と同じか相似した食材・食品が最も栄養価値がある」ということになります。ただし人体の蛋白質は非常に複雑な構造で、各組織細胞によってその構成も異なっていて、現在でもすべての細胞の構成が解明されているわけではありません。人体の細胞の蛋白質はおおよそ数十種から百種以上のアミノ酸とビタミン、ミネラル、酵素などによって作られています。人類が進化してくる中で、ほとんどのアミノ酸は体内で食物から合成できるようになりましたが、現在わかっているだけでも8種以上のアミノ酸は体内で作り出すことは出来ません。どうしても自然界の中の食材から直接摂取しなければならないのです。この材料が欠けては、蛋白質は作られなくなってしまいます。
 
テーブルを作ることを例に考えてみましょう。主要な天板や脚は充分に揃っていても、ビスが一つ欠けていたら、テーブルを作ることは出来ません。小さなビス一つなくても、全体としてテーブルの役には立たなくなってしまいます。使えなくなった天板や脚は倉庫にしまっておく他ありません。そして何時の日か、ゴミとして廃棄せざるを得なくなるでしょう。

190804.jpg
 
人間の体内の細胞組織は、テーブルよりはるかに複雑です。もし体内で蛋白質を作るアミノ酸の一つが欠けていたら、その他の多くのものはテーブルの天板や脚と同様、ゴミとなってしまいます。このゴミが体外に排出されれば良いのですが、体内の器官に蓄積されると、長い間に組織・器官の機能障害の原因となってしまいます。これが現代病・生活習慣病を引き起こす主要な要因となるのです。
 
もうお分かりだと思いますが、現在の私たちの最大の「毒」は、私たち自身が作り出しています。生活習慣、特に飲食の習慣を改善することが、体内のゴミ(毒)を取り除く、本当の意味でのデトックスといえるのです。
 

※記事の無断転用は禁じます。

この記事の投稿者

薬膳監修:湯 忠立(たん ぞんり)先生

中国遼寧中医学院大学付属病院の院長を務め、現在は東京・吉祥寺で中国医学整体院を営む。

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。