あきゅらいず

Vol.35 春の新風お届けします!

2023/03/28

nihatinokoramuTOP.png

みなさま、こんにちは。ニハチノコラム(※1)です。

この1ヶ月の季節の進み具合が激しくて、体感は5月GWくらいの陽気ですね。
今年の花粉症は辛い、と聞いていましたが、今年は初めて背中や腰、足のスネなどからだの乾燥が酷く感じていて、特に指先はカッサカサ><。ATMや液晶が全く反応せず、ウエットティッシュが手放せません(苦笑)。
でも、すはだは潤ってます。「秀くりーむ」をいつもより2~3プッシュ増やしてるおかげかな。

35sakura.jpg

ソメイヨシノ開花から初めての週末。日向の桜の木はほぼ満開状態。公園もお花見客で大賑わい。1年に1度数週間の命ですが、桜を眺めていると心が洗われますね。このコラムが届く頃には全国で咲き誇っていることでしょう。


4月は四季の中で最もお肌が揺らぎやすい時季ですから、いつもよりやさしくお肌を労ってあげてくださいね。
さて、今月はお知らせが2つ。必読です!!

35choukatu.jpg

会報誌『haten3号』が完成しました!
今回のテーマは「肌と腸」。
前々から、いつか編集してみようと思っていたテーマです。

35fuusen.jpg

3号の表紙のモチーフはズバリ!腸の中。あるものを使って「自分の腸内に触れる・見る・感じる」を表現してみました。表紙の全貌はお手元に届くまでのお楽しみ、ということで♪

あきゅのコンセプトの根幹に「中医学的視点」があるのはご存知かと思いますが、「肌と腸は繋がっている」という概念があります。
あきゅスタッフになりたてのころはこの意味がよくわからなくて、「なんで?なんで?」を繰り返していました。
それから「2:8(にはち)の法則」を旧会報誌『す ふ ふ』で紹介したり、このコラムを書くようになってからだんだん8割生活を意識するようになって、3年前から「腸活」を始めました。
すると、からだの変化やお肌の調子が以前よりもわかるようになったんです。あきゅ流に言う「自分の肌とからだと向き合うこと」ができてきた、ということかもしれません。

創業当初から中医学的生活や薬膳のアドバイザーでもある湯(たん)先生の監修のもと、毎号いただく「8割生活のヒントをもっと取り上げて欲しい」というご意見にお応えした特集です。

「腸活」ってどうやったらできるの?
お金や時間をかけない方法はあるの?
面倒くさそうじゃない?
三日坊主だから無理かも、、、、
そもそもスキンケアだけでいいんじゃない?
「腸活」したらどうなるの?

素朴な疑問をお持ちの方に、明日から試せる簡単な「腸活5チャレンジ」と、生活を見つめ直す肌と腸にいい「美養時間」をまとめました。
あきゅがすすめる「腸活5チャレンジ」を試していただけると嬉しいです。

4月1日から同梱が始まりますので、お楽しみにお待ちくださいね!

35mm.jpg

4月から、情報系メルマガを1本におまとめして送ることになりました。
これまで1本1本バラバラに送っておりましたが、気づいてみると月に相当数のメルマガをお届けしていたことに気づきました。
「最近あきゅのメルマガ多いんじゃない?」と感じているお客様がいらしたとしたら、それは大変申し訳ないことです。

早速社内でアイデアを出し合って、メルマガをまとめて送ろう! ということになりました。
その名も「ファンデフリー通信」。

35mail.jpg

幕の内がわ新聞、フォレマルシェ、すはだの天気予報、薬膳ブログなど、定期的に読んでいただきたい情報や季節的なお知らせなどを、毎月2日と20日に情報系おまとめメルマガ「ファンデフリー通信」をお届けします。

毎月2日と20日は「あきゅメルマガ」の日♪

某CMソングのメロディーに合わせるとちょっと字余りではありますが、覚えやすいです。
第1号は4月2日(日)配信です。こちらもお楽しみに!

4月は入学式、入社式、歓迎会や送別会などイベントが多い月ですね。
ピカピカのすはだと「いろのは」シリーズのすっぴんメイクで、軽やかにルンルン♪
でお出かけくださいね。

では、また来月!


『haten』編集長 konomi

(※1)ニハチノコラムは、あきゅらいずのブランドコンセプトでもある「2:8(にはち)の法則」=すこやかな肌をつくる役割は「スキンケアが2割」「使い方や暮らし方が8割」という理念をご紹介するブランドメルマガです。

この記事の投稿者

あきゅらいず創業者・南沢

1967年浅草生まれ。高校を卒業後、16年間大手化粧品会社の美容部員を務めるも、退職。中国の東洋医学に感銘を受け中国へ。そこで中国薬科大学の研究者と出会い、10 種の和漢ハーブ濃縮エキス「草根木皮たまり」を開発。帰国後「贅沢な、シンプル」をコンセプトに、2003年あきゅらいず美養品(現株式会社LIGUNA)を設立。

この記事の投稿者

konomi

集者/制作ディレクター/あきゅらいずブランドディレクター。以前は健康情報雑誌などでライター・エディターをしていたが、あきゅらいずを使いはじめ、スキンケア・インナーケアの大切さに目覚める。目下の関心事は「腸活」と「シニアの美肌はどこまで保てるか」。趣味は長風呂。汗をかいて疲れやストレスはその日に出す!がモットー。

ニハチノコラム最新記事